正岡 子規 解説

正岡 子規 解説

正岡 子規 解説



正岡 子規(まさおか しき、1867年10月14日〈慶応3年9月17日〉 - 1902年〈明治35年〉9月19日)は、日本の俳人、歌人、国語学研究家。名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改めた。 俳句、短歌、新体詩、小説、評論、随筆など多方面にわたり創作活動を行い、日本の近代文学に多大な影響を及ぼした、明治を代表する文学者の一人であった。死を迎えるまでの約7年間は結核を患っていた。

正岡 子規(まさおか しき、1867年10月14日〈慶応3年9月17日〉 - 1902年〈明治35年〉9月19日)は、日本の俳人、歌人、国語学研究家。名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改めた。 俳句、短歌、新体詩、小説、評論、随筆など多方面にわたり創作活動を行い、日本の近代文学に多大な影響を及ぼした、明治を代表する文学者の一人であった。死を迎えるまでの約7年間は結核を患っていた。

藤原新町(現・

藤原新町(現・

美術人名辞典 - 正岡子規の用語解説 - 俳人・歌人。名は常規、別号に獺祭書屋主人・竹乃里人等。東大国文科中退。初め政治を志したが、哲学次いで文学に転じる。俳諧の新たな史的考察によって俳句革新を志し、次いで「歌よみに与ふる書」を発表、短歌革新にのり出し、高浜虚子らの...

正岡子規(まさおかしき)の解説。[1867~1902]俳人・歌人。愛媛の生まれ。本名、常規 (つねのり) 。別号、獺祭書屋 (だっさいしょおく) 主人・竹の里人。俳句革新に着手し、俳誌「ホトトギス」により活動。また、「歌よみに与ふる書」で和歌改革を主張。

正岡子規ってどんな人?わかりやすく解説! まずは 正岡子規はどんな人だったのか を、わかりやすくご紹介します。 子規は1867年に、松山藩(今の愛媛県)の下級藩士の長男として生まれます。

正岡子規は生涯で 20,000を超える俳句をつくりました。その中には、日本の俳句を代表するような作品も含まれています。 また、短歌の創作数は俳句のそれには及びませんが、一読して心に残るようなものも多く残されています。 こ・・・

明治時代を代表する俳人・正岡子規は、その生涯で20万以上の俳句を残したと言われています。今回は、そんな正岡子規が残した俳句の中でも特に有名な5つの作品を簡単な口語に訳すと共に、作品に込められた意味などを紐解きつつ解説してみました。

近代以降の俳句において、正岡子規(まさおかしき)が果たした役割はとても大きなものでした。 「写生」に基づいた現実密着型の俳句からは力強さを感じることもできます。その一方で、肺結核によって強いられた闘病生活に関する句からは、何とも言えぬ悲しさが伝わってきます。 この ...

正岡 子規 解説 ⭐ LINK ✅ 正岡 子規 解説

Read more about 正岡 子規 解説.

7
8
9
10

Comments:
Guest
Nothing is as hard to do as getting off your high horse.
Guest

A lot of us would like to move mountains, but few of us are willing to practice on small hills.

Guest
Our deeds determine us, as much as we determine our deeds.
Calendar
MoTuWeThFrStSu