江戸川 乱歩 み の むし

江戸川 乱歩 み の むし

江戸川 乱歩 み の むし



江戸川 乱歩(えどがわ らんぽ、旧字体:江戶川 亂步、1894年(明治27年)10月21日 - 1965年(昭和40年)7月28日)は、大正から昭和期にかけて主に推理小説を得意とした小説家・推理作家である。 また、戦後は推理小説専門の評論家としても健筆を揮った。 実際に探偵として、岩井三郎探偵事務所 ...

執筆背景. 1925年当時、専業作家になることを決めた江戸川乱歩は編集長・森下雨村の企画による『d坂の殺人事件』(1月号)に始まる『新青年』での6ヶ月連続短編掲載を受け持った。 ところが、2作目『心理試験』(2月号)にして種切れで悩み、3作目『黒手組』(3月号)、5作目『幽霊』(5月 ...

『火縄銃』(ひなわじゅう)は、江戸川乱歩の著した短編探偵小説である。 1932年(昭和7年)、平凡社版『江戸川乱歩全集』第11巻に掲載されたが、乱歩自身による自注自解、および角川文庫の解説によると、本作は乱歩が早稲田大学在学中の大正2年(1913年)から大正3年(1914年)頃に日記帳の ...

名探偵明智小五郎や怪人二十面相を生んだ推理・探偵小説の祖、江戸川乱歩(本名:平井太郎)は3歳(1897年)から18歳(1912年)までの15年間名古屋市広小路界隈に住んでいました。乱歩の業績を記念し、名古屋という街が育んだ作家であることを全国ことに地元の方々に知って頂くため記念碑 ...

江戸川乱歩という作者名を知っていても、読んだことがある人は意外に少ないかもしれません。 今回は、江戸川乱歩の性格・特徴や人柄はどのようだったか? 作風や人気の理由について紹介します。 江戸川乱歩の性格・特徴や人柄・生涯 江戸川乱歩の性格 ...

ミステリー小説の新人を発掘する江戸川乱歩賞(日本推理作家協会主催)に8日、横浜市の佐野広実(ひろみ)さん(59)の「わたしが消える」が選ばれた。佐野さんは21年前、主に歴史・時代小説の新人賞である松本清張賞を別のペンネームで受賞して...

作家名: 江戸川 乱歩: 作家名読み: えどがわ らんぽ: ローマ字表記: Edogawa, Ranpo: 生年: 1894-10-21: 没年: 1965-07-28

『蟲』 (むし)(別表記『虫』) は江戸川乱歩が著した中編小説である。『改造』昭和4年(1929年)9、10月号に連載された。 元々は、『新青年』に「「蟲」という文字を二、三十個、三行に分けて書き連ねた」タイトルで予告されたものだったという。

2015年6月24日に「江戸川乱歩の美女シリーズ」のBlu-ray BOXが、江戸川乱歩没後50年、天知茂没後30年企画としてキングレコードから発売されることが松竹より発表された 。(天知茂が明智小五郎を演じた全25作品を、Blu-rayDISCに13枚組で収録)

江戸川 乱歩 み の むし ⭐ LINK ✅ 江戸川 乱歩 み の むし

Read more about 江戸川 乱歩 み の むし.

5
6
7
8
9
10

Comments:
Guest
Nothing is as hard to do as getting off your high horse.
Guest

The most important ability is availability.

Guest
There is no great success without great commitment.
Calendar
MoTuWeThFrStSu