江戸川 乱歩 谷崎 潤一郎

江戸川 乱歩 谷崎 潤一郎

江戸川 乱歩 谷崎 潤一郎



執筆背景. 江戸川乱歩が谷崎潤一郎の『途上』(1920年)に影響を受けて執筆した初期の作品である。 まだ小説家になる前の、探偵小説ファンであった乱歩は谷崎の『金色の死』(1916年)を読んで彼の作品の探偵小説的側面に着目するようになり、中でも『途上』に大きな感銘を受けた 。

江戸川乱歩「湖畔亭事件」の大衆性について : 谷崎潤一郎「白昼鬼語」との比較を通して 宋 玗炫 , ソン ウヒョン 立教大学日本文学 (110), 100-111, 2013-07

そして、江戸川乱歩は勿論、ポオを好んで敬愛していた訳であるのだが、どうやら、日本の作家の中では谷崎潤一郎に最も傾倒していたらしい。 大阪の貿易商は一年ほどで飛び出…

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。 明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

<江戸川乱歩、谷崎潤一郎> ・『検閲と発禁』水沢 不二夫 森話社 2016年 p.161~ 「Ⅳ‐11 佐藤春夫「律義者」、江戸川乱歩「芋虫」の検閲

谷崎潤一郎が描く妖しい犯罪心理 谷崎潤一郎は江戸川乱歩が心酔していた通り、実に妖しげな香りの犯罪小説を色々と書いていた。谷崎が犯罪小説を書いていた頃、つまり大正の中頃は、谷崎のみならず、芥川龍之介や佐藤春夫も似たような味わいの小説を書いていて、これらは推理探偵小説 ...

(略)谷崎が「新青年」に「武州公秘話」なんかを書く。あれは、 原稿料がものすごく高かったんだそうだけど、だからこそなおさら 大衆作家と言われたくない。その谷崎にとって、いちばん危険なの は江戸川乱歩だったんだよ。

江戸川乱歩は谷崎潤一郎の影響を受けていたそうですが、乱歩の作品には谷崎文学の特徴であるサディズムやマゾヒズムを扱ったものがあるのでしょうか? 『人間椅子』『お勢登場』『踊る一寸法師』なんかが、色濃いと思われる。しかし、個人的には『芋虫』に勝るものはないと存じます。

【特集 江戸川乱歩 谷崎潤一郎】 sold out 江戸川乱歩未発表原稿「独語」 落合教幸 浜田雄介 夢野久作未発表草稿「大下宇陀児・江戸川乱歩会見印象記」ー翻刻と解題ー 大鷹涼子 海野十三・江戸川乱歩・小栗虫太郎・木々高太郎「明日の探偵小説を語る座談 ...

江戸川 乱歩 谷崎 潤一郎 ⭐ LINK ✅ 江戸川 乱歩 谷崎 潤一郎

Read more about 江戸川 乱歩 谷崎 潤一郎.

4
5
6
7

Comments:
Guest
The trouble with car payments is that they sometimes continue running after the car does.
Guest

If you don't know where you are going, any road will get you there.

Guest
Marriage is made in heaven--so is thunder and lightning.
Calendar
MoTuWeThFrStSu