清少納言 古今和歌集

清少納言 古今和歌集

清少納言 古今和歌集



清少納言(せい しょうなごん、康保3年頃〈966年頃〉 - 万寿2年頃〈1025年頃〉)は、平安時代中期の女流作家、歌人。 随筆『枕草子』は平安文学の代表作の一つ。 本名は清原 諾子(きよはら の なぎ …

清少納言の家集。一巻。流布本は和歌二十八首、連歌二句。異本は和歌四十二首。根幹は同一で、それぞれに展開。異本の成立は遅れてなった。集中には他人詠も含み、彼女の和歌は三十五首前後。贈答歌形式の日常歌が多く、機智にたけた表現で、平明な、即興的詠風である。

歌集『清少納言集』には日常生活的な詠歌が多く,機知に長けた表現の即興的詠風である。その歌風には古今集風の詠歌をする曾祖父と,即興的詠歌をする父との歌才を直接に受け継いだ面がある。しかし,ふたりの影響は,詠歌よりも『枕草子』の表現に結実し ...

古今和歌集に十七首の歌が採られていることから、古今和歌集成立当時には少なくとも二十歳前後には達していたと思われ、また、八十歳になって従五位下を賜るということは考えづらいので、それらからすると、深養父の生れは 850年代~880年あたりと考え ...

帯とけの「古今和歌集」――秘伝となって埋もれた和歌の妖艶なる奥義――「古今和歌集」の歌を、原点に帰って、紀貫之、藤原公任、清少納言、藤原俊成に歌論と言語観を学んで聞き直せば、隠れていた歌の「心におかしきところ」が顕れる。それは、言葉では述べ難いことなので、歌から ...

女性歌人一番手は、謎多き女性、小野小町。『古今和歌集』仮名序で批評される六歌仙(僧正遍昭、在原業平、文屋康秀、喜撰法師、小野小町、大友黒主)の一人であり、藤原公任が選んだ三十六歌仙にも選ばれた和歌の名手。

清少納言 古今和歌集 ⭐ LINK ✅ 清少納言 古今和歌集

Read more about 清少納言 古今和歌集.

5
6
7
8
9

Comments:
Guest
A bad habit is nothing more than a mistake repeated.
Guest

Happiness is a way station between too much and too little.

Guest
No person ever advanced by traveling in reverse.
Calendar
MoTuWeThFrStSu