清少納言 集

清少納言 集

清少納言 集



『清少納言集』(せいしょうなごんしゅう)は、平安時代の女流作家・歌人である清少納言の家集。

清少納言(せいしょうなごん、康保3年頃〈966年頃〉 - 万寿2年頃〈1025年頃〉)は、平安時代中期の女流作家、歌人。随筆『枕草子』は平安文学の代表作の一つ。本名は清原 諾子(きよはら の なぎこ)とされている 。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 清少納言の用語解説 - [生]康保3(966)頃[没]万寿2(1025)頃平安時代中期の女流歌人。『枕草子』の作者。歌人の家柄に生れ,父は『後撰集』の撰者清原元輔。橘則光,藤原棟世 (むねよ) らと結婚,橘則長,小馬命婦らを産んだと推定される。

26『清少納言集』に拠り、改行の様態はそのままに、仮名・漢字は現行のそれらをもって掲出した。 なお、和歌に通し番号を付した。 二、【釈文】は、【語釈】を経て【通釈】に至る根拠としての表記をもってする本文であると同時に、【語釈】と【通釈 ...

作品集名: 清少納言集 作品集名読み: せいしょうなごんしゅう 作成年月日: 成立年時未詳(※?) 場所

清少納言の家集。一巻。流布本は和歌二十八首、連歌二句。異本は和歌四十二首。根幹は同一で、それぞれに展開。異本の成立は遅れてなった。集中には他人詠も含み、彼女の和歌は三十五首前後。贈答歌形式の日常歌が多く、機智にたけた表現で、平明な、即興的詠風である。

清少納言 集 ⭐ LINK ✅ 清少納言 集

Read more about 清少納言 集.

3
4
5
6
7

Comments:
Guest
Family reunions sometimes leave us with feud for thought.
Guest

A cheerful friend is like a sunny day.

Guest
There is one art of which man should be master--the art of reflection.
Calendar
MoTuWeThFrStSu