白い恐怖 安部公房

白い恐怖 安部公房

白い恐怖 安部公房



安部公房自身がこんなふうに説明しています。 弱者を哀れみながらもそれを殺したいという願望、つまり弱者を排除したい、強者だけが残ると ...

 · いえば安部公房は、「小説の枠を超えて空想する楽しみ」を私に教えた恩師といえるでしょうか? 今回は私が自信をもって皆さまに「彼の作品に込められた神秘と奇怪の面白さ」をご紹介するとともに、“これだけはぜひ読んで頂きたい!

『未必の故意』(みひつのこい)は、安部公房の書き下ろし 戯曲。11景から成る。ある小島の消防団長が、団員や島民たちと計画的に行なったヤクザ者の殺害を「未必の故意」に見せかけようとする物語。 団長を中心に島民たちの模擬裁判が行われる過程で、事件の状況や島の人間関係が ...

一人でいられない恐怖-安部公房の『友達』 長距離移動の心理描写 「紅旗征戎吾ガ事ニ非ズ」-堀田善衛の『明月記』論にみる反骨精神; ラストシーンから始まる人生:計画家・三島由紀夫 「危険な関係」と平行線の「粋」 国語の授業で読んだ本を再読する

安部公房の23歳のときの短編に「白い蛾」という短編があります。全集第1巻、212ページです。 この話は、人間の真実を安部公房の言葉で語った掌編です。 これは白蛾丸という名前の小さな客船の船長の語る話として語られます。 この船長...

安部公房の随筆集で17編の断片的な随筆・小品で仕上げられるオムニバス形式の作品です。 公房が幼少の頃から見続けてきた“月に追いかけられる夢”を存分に生け捕り平面図化し、「笑う月」そのものの内実を自分本位に解き明かしてゆく。

今日は安部公房の命日。没後20年です。これを機会にというのもヘンですが、まだ安部公房の小説を読んだことのない方は、ぜひ読んでみてはいかがかと思います。安部公房…

『安部公房全作品』全15巻(新潮社、1972.5~1973.7) 第1巻 1972.9.20 終りし道の標べに‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 5

安部公房は「壁」で芥川賞を取っています。対象作品は第一部「S・カルマ氏の犯罪」だけですか、それとも第二部、第三部も入った壁全作ですか?詳しい方教えて下さい。 第一部「S・カルマ氏の犯罪」だ …

脚本を読みたい、ということであれば『安部公房シナリオ撰』に、『白い朝』を除いた 作品が収録されています(絶版ですが…)。 これは未確認なのですが、おそらく近年刊行された安部公房全集に 掲載されているかもしれませんよ。

白い恐怖 安部公房 ⭐ LINK ✅ 白い恐怖 安部公房

Read more about 白い恐怖 安部公房.

7
8
9
10

Comments:
Guest
Raising kids is like building buildings- -you've got to spend time with them.
Guest

Talk is cheap, until you talk to a lawyer.

Guest
There is no happiness for people when it comes at the expense of other people.
Calendar
MoTuWeThFrStSu