石川 淳 アルプス の 少女

石川 淳 アルプス の 少女

石川 淳 アルプス の 少女



石川淳『アルプスの少女』の教材性(国語教育部門,第二二回研究発表大会・発表要旨) 大野 治人 日本文学 51(6), 71, 2002

石川淳「アルプスの少女」 法政大学大学院(水曜4時限) 石川淳 は気になる作家、 太宰治 や 高見順 などと共に「昭和10年代の作家」として、あるいは「語りの作家」として括られているのが一因だろう。

学内刊行物; 国語教育研究--26中号; 寓意小説の学習指導 : 石川淳作「アルプスの少女」の場合

- 石川淳作「アルプスの少女」の場合 石川淳作「アルプスの少女」の学習指導の報告である。`学校国吉 はかなり難解な作品である。校の教科書にとられたのは、はじめてであり'中学校の教材として行動」として'「走れメロス」と並べられている。

『アルプスの少女ハイジ』(アルプスのしょうじょハイジ、Heidi)は、スイスの作家ヨハンナ・シュピリ(又はスピリ)の児童文学作品である。1880年から1881年に執筆された。原題は『Heidis Lehr- und Wanderjahre』(ハイジの修行時代と遍歴時代、1880年出版)及び『Heidi kann brauchen, was es gelernt hat』(ハイジは習ったことを使うことができる、1881年出版)である。

石川淳が「アルプスの少女ハイジ」を分解し、再びくっつけ直してみたら、こんな話になってしまいました。氏のらしさ全開の傑作パロディ。 氏のらしさ全開の傑作パロディ。

以前にも紹介した、日本人文学者によるハイジの続篇。引用は『石川淳全集』第5巻によります。初出は同全集によれば『文藝』1952年11月特別号(未見)。ついでがあったら確認してきます。 「戦争が起こり、ペーターは兵士となる。平和が戻ったとき、ペーターとクララは再会しアルムに ...

石川 淳 アルプス の 少女 ⭐ LINK ✅ 石川 淳 アルプス の 少女

Read more about 石川 淳 アルプス の 少女.

4
5
6
7
8

Comments:
Guest
Some people know lots more than they tell-- Some don't.
Guest

Some people treat their religion like a spare tire--they never use it except in an emergency.

Guest
Don't give someone a piece of your mind unless you're ready to live with what's left.
Calendar
MoTuWeThFrStSu