硝子 川端 康成

硝子 川端 康成

硝子 川端 康成



『抒情歌』(じょじょうか)は、川端康成の短編小説。川端が新境地をみせた初期の代表作の一つで、川端の死生観がよく示されている作品である 。 また、川端自身が「最も愛してゐる」作品の一つでもあり 、川端文学の基本的なものを内包している重要作品でもある 。

川端 康成『硝子』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

川端康成『針と硝子と霧(川端康成短編全集)』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

川端康成「針と硝子と霧」『川端康成全集』第3巻、新潮社、1980年、pp. 277-98。 主人公朝子は、「夫の整理箪笥に隠してあつた女の寫眞」を見つけて以来、夫の不倫に気が違ってしまいそうなほどに悩んでいる (277) 。

川端康成初期作品研究 ... 第二章 「針と硝子と霧」論―無意識への志向― 第三章 『浅草紅団』論(一)―浅草の形容― 第四章 『浅草紅団』論(二)―〈遊戯〉と〈虚構〉を視座に―

 · あらすじ…水平社の部落に澄子という美少女がいた。中学生の少年(非部落)が、澄子と同じ部落の友人・梅村の手引きで澄子と不純異性交遊をする。それがバレて少年は寄宿学校へ追いやられる。そして二十年後、彼は梅村と再会する。その傍らには澄子がいた。

川端文学における「意識の流れ」: 『ユリシーズ』の発表以前の二作品を巡って メベッド・シェリフ キーワード 川端康成、フロイト、「意識の流れ」、「自由連想」、「文章論」 1.序論 『針と硝子と霧』(1930年12月)と『水晶幻想』(1931年1月)は ...

川端康成が「意識の流れ」の影響を受けたという事実は、川端が書いた評論 を読んで分ることである。川端とジョイスを結びつける最も明確な証拠は川端 著の1958年の評論「作家に聞く」(新潮全集33巻、558頁)である。xそこで川端

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

硝子 川端 康成 ⭐ LINK ✅ 硝子 川端 康成

Read more about 硝子 川端 康成.

7
8
9
10
11

Comments:
Guest
If at first you do succeed, hide your astonishment.
Guest

Do all you can and trust God to do what you cannot.

Guest
Give what you have; to some it may be better than you dare to think.
Calendar
MoTuWeThFrStSu