筒井 康隆 口紅

筒井 康隆 口紅

筒井 康隆 口紅



『残像に口紅を』(ざんぞうにくちべにを)は、筒井康隆の1989年発表の小説。言葉遊びによる実験的な要素を強く含むSFで、『虚人たち』と同系列に属した実験的作品。

Amazonで筒井 康隆の残像に口紅を (中公文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。筒井 康隆作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また残像に口紅を (中公文庫)もアマゾン配送商品なら通常 …

筒井 康隆『残像に口紅を』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。

作品情報 書名:残像に口紅を (中公文庫) 著者:筒井康隆 出版:中央公論新社 (1995/4/18) 頁数:236ページ

「残像に口紅を」を読もうと思ったのは、 pcのキーボードが壊れてしまい、打てない字があって困ったという投稿をした時に、 わっとさんからこんなコメントを頂いたのがキッカケでした。 「残像に口紅を」は、世界から音がひとつずつ消えていくというお話で、 わっとさんは、私が ...

筒井 康隆 口紅 ⭐ LINK ✅ 筒井 康隆 口紅

Read more about 筒井 康隆 口紅.

5
6
7
8
9
10

Comments:
Guest
If at first you do succeed, hide your astonishment.
Guest

Forgiveness is like sunshine after a rainy day.

Guest
Nostalgia: Life in the past lane
Calendar
MoTuWeThFrStSu