紀貫之 ひさかたの

紀貫之 ひさかたの

紀貫之 ひさかたの



紀 友則 生没年未詳 平安時代初期の歌人。三十六歌仙の一人。紀貫之(きのつらゆき)の従兄。40代半ばまで無官であった。歌人としての活躍は目覚ましく、「古今和歌集」の編者に選ばれたが完成前に病 …

この歌は紀友則が詠んだ歌で、小倉百人一首にも収録されています。ちなみに紀友則は土佐日記で有名な紀貫之のいとこです。 さて、この歌の楽しみかたです。まず「ひさかたの」は「光」にかかる枕詞です。「ひかりのどけき」は「光がのどかである」と訳しています。

小倉百人一首の和歌を紹介しています。ここでは歌番号35番・紀貫之(きのつらゆき)の和歌を紹介していますが、百人一首の和歌は、ほかにも作者別や上の句・下の句などでも検索して調べることが出来ます。

作者は紀友則(きのとものり)で、古今和歌集の撰者の一人です。 しかし、古今和歌集の完成を見る前に没してしまいます。 同じ撰者である紀貫之、壬生忠岑がその死を悼んだ歌が古今和歌集 第十六巻、838首、839首目に収められています。

あすしらぬ(紀貫之),先人たちが残したさまざまな和歌を集め、現代訳して紹介していきます。

『古今和歌集』の撰者といえば、紀貫之きのつらゆきが有名ですね。 紀貫之らは他の人の歌だけでなく、自分たちの歌も多く選んでいました。 今回は『古今和歌集』に残された、紀貫之の代表的な歌を紹介します。 紀貫之の和歌4選 紀貫之の歌で有名と思われるものを、4つほど選んでみました。

紀貫之は従兄弟で、壬生忠岑とともに古今和歌集の撰者にもなるが、完成を目の前にして亡くなった。 さて、この歌は有名すぎて紀貫之の歌だと、間違えて憶えてしまうほど、出来が良い。 冒頭「ひさかた」は天・空・月などにかかる枕詞である。

この歌は、土佐日記で有名な紀貫之が旅の途中に詠んだものです。旅で山を登っている途中、水のみ場で女性が水を飲んでいるところを目にします。その女性と親しくなれないまま別れてしまったことが残念だという気持ちを表した歌なんですね。

紀貫之「古今集」 袖ひちてむすびし水のこほれるを春立つけふの風やとくらむ (伊勢・貫之の作と掲出歌との先後関係は不明) 寛平御時きさいの宮の歌合の歌. 花の香を風のたよりにたぐへてぞ鶯さそふしるべにはやる(古今13)

貫之に至る紀氏の系譜はこちらから ※紀氏を中心とした隠遁者のすさびとして和歌をたしなむグループが、貫之周辺に存在した。 貫之の祖父の弟である名虎(なとら)は、娘・種子を仁明天皇の後宮、もう一人の娘・静子を文徳天皇の後宮に入れ、外戚の ...

紀貫之 ひさかたの ⭐ LINK ✅ 紀貫之 ひさかたの

Read more about 紀貫之 ひさかたの.

6
7
8
9
10
11

Comments:
Guest
Work as though everything depended on you, and pray as though everything depended on God.
Guest

The people who are hardest to convince they're ready for retirement are children at bedtime.

Guest
If the grass is greener in the other fellows yard, let him worry about cutting it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu