紀貫之 古今和歌集 序文

紀貫之 古今和歌集 序文

紀貫之 古今和歌集 序文



古今和歌集の仮名序「やまとうたは」の訳と現代仮名遣い、意味について解説します。仮名序とは、古今和歌集の最初に選者の紀貫之が和歌の本質と効用を述べた古今集歌集の序文です。品詞分解や文法解説も参考にしてください。

紀 貫之(き の つらゆき)は、平安時代前期から中期にかけての貴族・歌人。 下野守・紀本道の孫。 紀望行の子。官位は従五位上・木工権頭、贈 従二位。 『古今和歌集』の選者の一人で、三十六歌仙の一人。

紀貫之ら撰者が紀淑望に『古今和歌集』の序文を依頼したのは、勅撰集でありながら、紀氏の家集という色彩の強い『古今和歌集』の序文の作者として、立派な漢文の書ける「氏の長者」が書くことが適当だと判断したのだろう。

紀貫之は『古今和歌集』序文も担当。 やまとうたは 人の心を種として 万の言の葉(よろずのことのは)とぞなれりける. という言葉で書き始められています。 「和歌の根本は人間の心にある」 と記したこの序文は、この後、歌を詠む人々にとって大切な ...

紀貫之 古今和歌集 序文 ⭐ LINK ✅ 紀貫之 古今和歌集 序文

Read more about 紀貫之 古今和歌集 序文.

7
8
9
10
11
12

Comments:
Guest
It is better to know some of the questions and all the answers.
Guest

The biggest problem with perfection is what to do with all the unused erasers

Guest
The only reason people get lost in thought is because it's unfamiliar territory.
Calendar
MoTuWeThFrStSu