紀貫之 日記文学

紀貫之 日記文学

紀貫之 日記文学



紀 貫之(き の つらゆき)は、平安時代前期から中期にかけての貴族・歌人。下野守・紀本道の孫。紀望行の子。官位は従五位上・木工権頭、贈従二位。『古今和歌集』の選者の一人で、三十六歌仙の一人。

『土佐日記』(とさにっき)は、平安時代に成立した日記文学のひとつ。紀貫之が土佐国から京に帰る最中に起きた出来事をジョークを交えて綴ったもので、成立は承平5年(934年)頃といわれる。古くは『土左日記』と表記されていた 。

 · 紀貫之は晩年、土佐(現在の高知県)へ転勤になり、4年間勤務した。 勤務が終わり、京への帰り道を日記にしたのが、日本最初の日記文学と言われている『 土佐日記 』である。 この『土佐日記』は仮名文字で書かれており、紀貫之が女性のふりをして書いたものだと言われている。

紀貫之が女性に仮託して描いた土佐から京までの仮名文の旅日記 〈男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり〉という書き出しで有名な、日記文学の先駆け。

【ホンシェルジュ】 日本の文学史のなかで大きな転換期となった平安時代。この時代を象徴する作品が、紀貫之が作者の『土佐日記』です。今やお菓子の名前に使用されるほど、日本を代表する有名な作品のひとつとなっています。それまでの中国を模した漢文による表現ではなく、当時とし ...

紀貫之 日記文学 ⭐ LINK ✅ 紀貫之 日記文学

Read more about 紀貫之 日記文学.

4
5
6

Comments:
Guest
The easiest way to find something you've lost is to buy a replacement.
Guest

It is better to hold out a hand than to point a finger.

Guest
Don't waste time and energy setting your hopes for your children higher than your example
Calendar
MoTuWeThFrStSu