紀貫之 日記文学

紀貫之 日記文学

紀貫之 日記文学



紀 貫之(き の つらゆき)は、平安時代前期から中期にかけての貴族・歌人。下野守・紀本道の孫。紀望行の子。官位は従五位上・木工権頭、贈従二位。『古今和歌集』の選者の一人で、三十六歌仙の一人。

 · 紀貫之は晩年、土佐(現在の高知県)へ転勤になり、4年間勤務した。 勤務が終わり、京への帰り道を日記にしたのが、日本最初の日記文学と言われている『 土佐日記 』である。 この『土佐日記』は仮名文字で書かれており、紀貫之が女性のふりをして書いたものだと言われている。

『土佐日記』(とさにっき)は、平安時代に成立した日記文学のひとつ。紀貫之が土佐国から京に帰る最中に起きた出来事をジョークを交えて綴ったもので、成立は承平5年(934年)頃といわれる。古くは『土左日記』と表記されていた 。

紀貫之が女性に仮託して描いた土佐から京までの仮名文の旅日記 〈男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり〉という書き出しで有名な、日記文学の先駆け。

紀貫之とは? 65歳の元祖ネカマとも言われている紀貫之ですが女性のふりをして土佐日記を書くことで 後の文学の発展に大いに貢献していました。 紀貫之(きのつらゆき) 諸説ありますが、870年頃に生まれた下級貴族でした。 出身地は現在の京都、平安京 ...

日本文学史において初めての日記文学として名高い『土佐日記』。 赴任地土佐から京都へ帰る道のりを日記形式で描いた作品で、自身も土佐国司であった作者紀貫之の体験をもとにしています。

 · 紀貫之ほどの才能の持ち主がもし官位に恵まれていたら、その後の日本文学の歴史もまた変わっていたかもしれません。 関連記事 >>>> 「紀貫之が『土佐日記』で性別を偽った理由などについて簡単に紹介」

紀貫之 ( きの ... 中世において、この日記文学的特質は次第に解体していくというべきであろう。中古の日記文学 ... 思うにそれは、貫之がこの『土佐日記』において、官人の立場から自由に解放されることを強く求めているにもかかわらず、完全に官人の ...

紀貫之 日記文学 ⭐ LINK ✅ 紀貫之 日記文学

Read more about 紀貫之 日記文学.

5
6
7
8
9

Comments:
Guest
If you don't know where you are going, any road will get you there.
Guest

The best thing you can spend on your children is time.

Guest
Everything has its beauty--but not everyone sees it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu