紀貫之 花実相兼

紀貫之 花実相兼

紀貫之 花実相兼



紀貫之が「花実相兼」ということを言っているという。花は表現、実は内容。芸術において、内容と表現方法が兼ね備わっている状態であるらしい。同じような優れた力量とバランスを持っているべし、ということであろうと思う。ビジネスで言えば、実はビジネスモデルの中身、花は ...

これまでに見慣れた彼の作品ですが、今回の展示作品の脇にあった解説文の中に、彼は紀貫之の言葉を引用していました。 「花実相兼」 「何かを表現しようとした時、技法と内容が一致した時本当の芸術が生まれる」ということ。

紀貫之の和歌創作の態度 ... の文芸が最終的に目指していたものを知るためし新撰和歌は、貫之がその晩年に単独で「花実相兼」(同書序)と考える歌を厳選して編影響の乏しさに由来するのであろうが、あまり研究が進められているとは言えない。 ...

「阿部さん、僕は『花実相兼』の生き方を目指しているんです」先日の打ち合わせで、そう言われた。 「花実相兼(かじつそうけん)」「古今和歌集」の撰者のひとりで、『土佐日記』の作者でもある「紀貫之」彼の言葉だそうな。

“花実相兼”は紀貫之の言葉で、表現は技術と内容の一致があったときに完成とする、というのだ。 結果、優秀賞を得ることになる「ザ・フォール」は、それらの言葉が示すように芸術家に脈々と受け継がれているDNAから必然的に産みだされた産物とは言え ...

紀貫之は果実相兼と呼びました。 花は表現、実は内容を指し、 両方が一致したときにこそ 優れた芸術が生まれる、と。 さらに個人の外見や技量と 人格のバランスが取れた 理想像を指すこともあるそう。 2学期初日に見つけた小さな花実。

これこそ紀貫之の「花実相兼」ということではないか…。 私はとりつかれたように、 この新しいモチーフに取り組み、描き続けたのでした。 」 (「千住博展」カタログより) 単なる「滝の描写」ではなく、 絵の具自体を「滝」と見做して製作された ...

3月17日(木曜日) 昨夜、講師から頂いた言葉の一つに「花実相兼」という言葉がありました。 この言葉は、そもそも、日本語文化(仮名文化)の形成に多大な役割を果たした平安時代の歌人である『紀 貫之』の言葉だそうです。

平安時代初期の私撰和歌集。『新撰和歌集』ともいう。撰者は紀貫之。巻一春秋・百二十首、巻二夏冬・四十首、巻三賀哀・二十首、別旅・二十首、巻四恋雑・百六十首の計四巻三百六十首から成る。巻頭に「新撰和歌序」「玄蕃守従五位上紀朝臣貫之上」として真名序を付す。

没年:天慶9(946) 生年:生年不詳 平安時代の歌人,三十六歌仙のひとり。望行の子。紀氏は本来武人の家系だが,貫之のころには多くの歌人を輩出,藤原敏行,兼覧王などが知られている。 御書所預,内膳典膳,少内記,大内記,美濃介,右京亮,玄蕃頭,木工権頭などを歴任。

紀貫之 花実相兼 ⭐ LINK ✅ 紀貫之 花実相兼

Read more about 紀貫之 花実相兼.

4
5
6
7
8
9

Comments:
Guest
If everything went like clockwork, the ticking would drive us nuts.
Guest

Doing you best is more important than being the best.

Guest
Happiness is a way station between too much and too little.
Calendar
MoTuWeThFrStSu