紫式部 宮中 評判

紫式部 宮中 評判

紫式部 宮中 評判



 · 『紫式部日記』とは。構成と内容を簡単に紹介 平安時代の1008年秋から1010年正月までのおよそ1年半の間、紫式部が宮中での様子を中心に書いた日記を『紫式部日記』といいます。

宮中に入った紫式部は、そのスタートこそ夫を亡くした国司の娘という立場であったが、すぐにその才能が評判になった。和歌を除いて。 この紫式部の評判を聞きつけたのが、他ならぬ一条天皇である。

そこで物語が評判になると、紫式部は教養を見込まれ宮中で働くことに決まります。 彼女の役職は、天皇の妻・彰子の教育係でした。 彰子の身の回りの世話や家庭教師を務めるいっぽうで、紫式部は源氏物語の執筆を続けます。

源氏物語は宮中でも評判になり、道長などは続 きが気になって仕方なく、ある時は勝手に紫式部の部屋に入ってきて書き掛け の原稿を持って行ってしまうなどということもあったと言われます。

 · 紫式部と清少納言は、それぞれ政治的ライバルの妃に仕えていた、ある意味表と裏のような存在でした。清少納言は自分の才能を駆使しゴージャスな宮中文化を展開しましたが、一方の紫式部はおとなしくしているタイプです。

 · この作品が宮中でも評判となり、当時の権力者の藤原道長に乞われて、道長の娘で一条天皇の中宮彰子の女房として仕えました。 以降、皇子を出産した定子を支えるとともに『源氏物語』を完成させ、『紫式部日記』も残しています。

紫式部 宮中 評判 ⭐ LINK ✅ 紫式部 宮中 評判

Read more about 紫式部 宮中 評判.

8
9
10
11

Comments:
Guest
When I can't handle events, I let them handle themselves.
Guest

It is better to hold out a hand than to point a finger.

Guest
To think too long about doing something often becomes its undoing.
Calendar
MoTuWeThFrStSu