聖なる海とサンシャイン 安部公房

聖なる海とサンシャイン 安部公房

聖なる海とサンシャイン 安部公房



安部公房 + ドナルド・キーン (対談)『反劇的人間』中央公論社〈中公文庫〉、1979年3月。isbn 978-4-12-200620-1。 『安部公房文学語彙辞典』谷真介 編著、スタジオvic(出版) 星雲社(発売)、1981年4月、増補版。 安部公房『死に急ぐ鯨たち』新潮社、1986年9月。

「死に急ぐ鯨たち」安部公房 新潮文庫 1991(1986刊行本の文庫化) 動物は「本能」で動いてゐる。本能は「閉じたプログラム」である。 人間は「ことば」という概念把握能力を獲得したことによって、この「閉じたプログラム」を開いてしまった。

参考¶安部公房のほとんどすべては『安部公房全作品』全15巻(新潮社)で読める。ほかに『安部公房戯曲全集』(新潮社)、放送ドラマだけを集めた『安部公房集』(大光社)も。『砂漠の思想』は最近になって講談社文芸文庫に入った。

『壁』(かべ)は、安部公房の中編・短編集。「s・カルマ氏の犯罪」「バベルの塔の狸」「赤い繭」(「洪水」「魔法のチョーク」「事業」)の3部(6編)からなるオムニバス形式の作品集である。 1951年(昭和26年)5月28日に石川淳の序文を添えて月曜書房より刊行された。

『友達』(ともだち)は、安部公房の戯曲。2幕13場から成る。安部の代表的戯曲で、傑作とも評されている。一人暮らしの男のアパートに突然と闖入してきた奇妙な一家が笑顔で隣人愛を唱え、親切心の連帯で孤独の思想を駆逐し殺してしまう物語。男の部屋を侵略する一家の疑いを知らぬ善意 ...

海の果ての果てで恋も欲望も 波のように砕け散って幻になれば 僕は君のことを忘れないだろう 我が潮騒の銃声は夕日を殊更に赤く響かせて、 かくて長き夢は終わんぬ。 ※the yellow monkey「聖なる海とサンシャイン」による随想

10月 安部公房『砂漠の思想』、安東次男『芭蕉』、吉本隆明『自立の思想的拠点』「心的現象論」 11月 高橋和己『憂鬱なる党派』、三島由紀夫「サド侯爵夫人」「太陽と鉄」 12月 佐伯彰一「死とエロスと」

時代を越えて受け継がれる、日本の名作文学、傑作小説を紹介します。ルールとしてはひとりの小説家からは一作品だけを紹介しています。名作・傑作だけに有名な作品が多いですが、全部読んだことがあるという人はなかなかいないと思います。ぜひいろいろな作品

聖なる海とサンシャイン 安部公房 ⭐ LINK ✅ 聖なる海とサンシャイン 安部公房

Read more about 聖なる海とサンシャイン 安部公房.

7
8
9
10
11

Comments:
Guest
There is no happiness for people when it comes at the expense of other people.
Guest

If you're looking for a long rest, be on time for an appointment.

Guest
Grandchildren are God's way of compensating us for getting old.
Calendar
MoTuWeThFrStSu