舞踏 会 芥川 龍之介

舞踏 会 芥川 龍之介

舞踏 会 芥川 龍之介



底本:「現代日本文学大系 43 芥川龍之介集」筑摩書房 1968(昭和43)年8月25日初版第1刷発行 入力:j.utiyama 校正:野口英司 1998年3月23日公開 2004年3月16日修正 青空文庫作成ファイル:

 · 『舞踏会/芥川龍之介』の狐人的な【読書メモと感想】。文明開化の頃、舞踏会を訪れた少女と、フランス人将校の淡い恋物語。華やかな場面が見え、軽やかな音楽が聞こえる、芥川中期を代表する名品。失われていくものと変えていくべきもの…

芥川龍之介の『舞踏会』をご紹介します。初出は1920年(大正9年)の雑誌『新潮』1月号上となります。鹿鳴館を舞台にした、小さな恋のお話で、淡く切なく、そしてちょっと儚い物語です。

底本:「現代日本文学大系 43 芥川龍之介集」筑摩書房 1968(昭和43)年8月25日初版第1刷発行 入力:j.utiyama 校正:野口英司 1998年3月23日公開 2004年3月16日修正 青空文庫作成ファイル:

『舞踏会』(ぶとうかい)は、芥川龍之介の短編小説(掌編小説)。ピエール・ロティ著『秋の日本』の中の一章「江戸の舞踏会」に着想を得た作品である 。 明治19年の天長節の晩、鹿鳴館で催された大夜会に招かれた娘が、あるフランス人海軍将校に踊りを申し込まれ、2人で美しく儚い花火 ...

 · The novel "芥川龍之介「舞踏会」を読んで" includes tags such as "芥川龍之介", "文学" and more. ここはひとつ文豪の生きた時代風に、「近藤君」とでもお呼びして進めるのが面白かろうと思います。本の虫、活字中毒という人がまれにいらっしゃいますが近藤君もその一人でしょう。

の摂取の仕方にも見て取れる。「江戸の舞踏 会」の舞台設定を借りることで作品「舞踏会」 を創作した芥川の手法そのものに見るべきも のがある。 的打撃を直接的に反映した「羅生門」(「帝国文 学」大正4年11月)から、初恋の人への恋情

ある文明開化のまなざし 芥川龍之介『舞踏会』とピエール・ロティ れて初めての舞踏会に父親と出かける。舞台は鹿鳴館である。人々は明子の美しさに見とれる。 菊の花が咲き乱れた舞踏室で彼女は見知らぬフランスの海軍将校に踊りを申し込まれる。

される。」(「芥川龍之介事典」明治書院、「芥川文」 の項解説)この解説に導かれて芥川書簡から該当 の箇所を見つけると「えらい女一小説をかく女画 をかく女や芝居をかく女や婦人会の幹事になって ゐる女や-は大抵にせものですえらがっている馬

底本:「芥川龍之介全集3」ちくま文庫、筑摩書房 1986(昭和61)年12月1日第1刷発行 1996(平成8)年4月1日第8刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房 1971(昭和46)年3月~1971(昭和46)年11月 入力:j.utiyama

舞踏 会 芥川 龍之介 ⭐ LINK ✅ 舞踏 会 芥川 龍之介

Read more about 舞踏 会 芥川 龍之介.

3
4
5

Comments:
Guest
No man who has caught a big fish goes home through an alley.
Guest

Happiness is a way station between too much and too little.

Guest
Four be the things I am wiser to know: idleness, sorrow, a friend and a foe.
Calendar
MoTuWeThFrStSu