芥川 龍之介 一生

芥川 龍之介 一生

芥川 龍之介 一生



芥川龍之介没後90年。その生涯に迫る。 1927年7月、日本を代表する文豪のひとりである芥川龍之介がこの世を去りました。『羅生門』や『鼻』などをはじめとする数々の作品を発表した芥川の素顔とはどのようなものだったのでしょうか。

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

『或阿呆の一生』は、死後に発表された芥川龍之介の遺作です。自伝的な内容で、二十歳の頃の回想から、死の直前までの印象風景が描かれています。 ここでは内容をざっと紹介し、細かい点を解説してい …

芥川龍之介 僕はこの原稿を発表する可否は勿論、発表する時や機関も君に一任したいと思つてゐる。 君はこの原稿の中に出て来る大抵の人物を知つてゐるだらう。

『或阿呆の一生』という小説の作者は芥川龍之介で、1927年発表、というか発見された作品です。 芥川の死後に見つかった作品なのですね。芥川龍之介の遺書的立ち位置の作品とされております。

芥川最晩年の諸作は死を覚悟し、予感しつつ書かれた病的な精神の風景画であり、芸術的完成への欲求と人を戦慄させる鬼気が漲っている。出産、恋愛、芸術、宗教など、自らの最も痛切な問題を珍しく饒舌に語る「河童」、自己の生涯の事件と

Amazonで芥川 龍之介の河童・或阿呆の一生 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。芥川 龍之介作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また河童・或阿呆の一生 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

芥川龍之介は、「蜘蛛の糸」「杜子春」などの初期の超名作は小中学生の頃に読んだし、「歯車」は大学生の頃に何度か読んだ。なかでも「煙草と悪魔」は不思議な読後感があって好きな短編のひとつではある。 まあそれはともかく、晩年の頃の作品をいくつか読んでみよう、と思ったので ...

芥川 龍之介 一生 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 一生

Read more about 芥川 龍之介 一生.

6
7
8

Comments:
Guest
A lot of us would like to move mountains, but few of us are willing to practice on small hills.
Guest

There is no great success without great commitment.

Guest
Giant oak trees started out as little nuts that held their ground.
Calendar
MoTuWeThFrStSu