芥川 龍之介 旅行 記

芥川 龍之介 旅行 記

芥川 龍之介 旅行 記



芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

底本:「上海游記・江南游記」講談社文芸文庫、講談社 2001(平成13)年10月10日第1刷発行 底本の親本:「芥川龍之介全集 第八巻」岩波書店 1996(平成8)年6月発行

芥川龍之介 一 松江へ来て、まず自分の心をひいたものは、この 市 ( まち ) を 縦横 ( じゅうおう ) に貫いている川の水とその川の上に 架 ( か ) けられた多くの木造の橋とであった。

『芥川龍之介(あくたがわ りゅうのすけ)(明治25年(1892年)3月1日~昭和2年(1927年)7月24日)は、大正初期から昭和初期にかけて活躍した日本の文豪で...』横須賀(神奈川県)旅行について横浜臨海公園さんの旅行記です。

芥川龍之介は当初この「東亜洋行?」に宿を取ってもらっていました。 講談社文芸文庫 「芥川龍之介 上海游記」より 「…やがて馬車が止まったのは、昔金玉均(朝鮮の改革運動家。1894年没=編注)が暗殺された、東亜洋行と云うホテルの前である。

修学旅行で日光へ来てゐます、日光の建築は大していゝとは思ひません、 陽明門も一向感じません、唯、杉の並木の青黒い間に朱の門の見えるのは一寸きれいです、明日中禅寺へ向ふ予程、左様なら 『芥川龍之介全集』第十七巻 12-13p 岩波書店 1997年発行

「芥川龍之介 槍ヶ岳登頂100周年記念」として、上高地登山案内人組合が監修した『芥川龍之介の槍ヶ岳登山と河童橋』(2008年11月12日発行)が上梓されてて、ちょっとした宝物を見つけたような驚きがあった。 執筆者や企画・編集者は言うまでもなく上高地や槍ヶ岳に詳しいから、伊藤一郎 ...

1921(大正10)年、芥川龍之介(当時29歳)は新聞社の特派員として上海に渡る。 子どものころから「西遊記」などの古典に親しんだ芥川にとって、そこは憧れの理想郷のはずだった。

本論文が芥川龍之介の『支那游記』 4. を読み直そ. 3. 前田愛『テクストのユートピア』、筑摩書房、1990 年。 4. 芥川龍之介の『支那游記』は「上海游記」、「江南游記」、 「長江游記」、「北京日記抄」および「雑信一束」の五部

芥川の憧れている中国風景はどんな風景だろう。芥川が少年時代から培ってきた中国認 識はどんな認識であろうか。芥川は中国旅行をした後,旅行記『支那游記』に,このよう に書いてある。 その中に汽車は嘉興を過ぎた。

芥川 龍之介 旅行 記 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 旅行 記

Read more about 芥川 龍之介 旅行 記.

6
7
8

Comments:
Guest
Do all you can and trust God to do what you cannot.
Guest

An obstacle may be either a stepping stone or a stumbling block.

Guest
If you really want the world to beat a path to your door, try taking a nap.
Calendar
MoTuWeThFrStSu