芥川 龍之介 梅毒

芥川 龍之介 梅毒

芥川 龍之介 梅毒



ネット上では、梅毒で亡くなった有名人としてよく名前が上がるのですが、調べても梅毒感染を裏付けるような資料は見つけられませんでした。 一般には、肺炎で亡くなったとされていて、真偽のほどはわかりません。 芥川龍之介. 日本の小説家(1892-1927

 · 芥川龍之介は、内地にいた頃から、仲間の作家達を驚かすほどの「発展家」だった。芥川の悪所通いについては、作家仲間達による証言がある。中国に渡って同じようなことを繰り返した芥川が、そこで不運にも病魔に犯されたとしても不思議はない。

芥川龍之介は「ぼんやりとした不安」から自殺ということになっています。 なんなんだよ「ぼんやりとした不安」とか。 お前は「著者の気持ちを汲めとかウケるwww」と文系を煽る理系か。 ... もし芥川が梅毒 ...

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

『南京の基督』(なんきんのきりすと)(英題:The Christ Of Nanjing)は、芥川龍之介の短編小説。中国の南京を舞台にしたキリスト教信者の少女 娼婦の物語。 梅毒に侵され、客をとるのを止めていた少女の前に現れたキリスト似の外国人との一夜の出来事と、その後の金花と日本人旅行家との ...

 · 芥川龍之介とか、太宰治とか、昔の作家は、どうして自殺してしまうのですか?将来売れなくなる自分に不安で、死ぬのでしょうか? 日本の場合、おめおめと生きながらえるより潔く死を選ぶのが美学だからじゃないで...

芥川龍之介の『魔術』という小説をご紹介します。初出は1920年(大正9年)1月。雑誌『赤い鳥』にて発表されました。人間のエゴイズムを抉り出す芥川龍之介らしい一作といえる小説となっています。同じく芥川 …

---その先は鬼才、芥川龍之介独特の皮肉とも、サタン、ペテン師、自己犠牲、迷信、因縁因果とも、 受けとれるような真実は底知れぬ展開へ続く。 思うに、現実的にこのような娼婦はいない。 昔、飢饉の頃、口減らしのため遊郭へ売り飛ばされた悲運に

芥川龍之介の小説「南京の基督」のレビュー。 ストーリー 15歳の金花は家族を養うために売春婦をしている。 みすぼらしい彼女の部屋の壁に掛かっている十字架に掛かるキリストを見てある日本人旅行者の客は「こんな商売をしていると天国には行けないのではないか?

余談ながら、芥川龍之介の『南京の基督』では、悪性の楊梅瘡(梅毒)を病んだ少女に、友人が次のように言っています。 「あなたの病気は御客から移ったのだから、早く誰かに移し返しておしまいなさい …

芥川 龍之介 梅毒 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 梅毒

Read more about 芥川 龍之介 梅毒.

6
7
8
9
10
11

Comments:
Guest
Last year I made a list of things that I resolved to do--I'll use that list again this year--it's still as good as new.
Guest

Some people know lots more than they tell-- Some don't.

Guest
When I can't handle events, I let them handle themselves.
Calendar
MoTuWeThFrStSu