芥川 龍之介 歯車 朗読

芥川 龍之介 歯車 朗読

芥川 龍之介 歯車 朗読



 · 芥川龍之介「歯車」のフル朗読です。

 · 朗読芥川龍之介167歯車(一 レエン・コオト)

 · 芥川龍之介のドッペルゲンガー譚第一弾『歯車』をお届け。文中では、今まで一度もドッペルゲンガーを見たことがないと語る芥川ですが、様々 ...

『歯車』は、1927年に雑誌『文藝春秋』で発表された芥川龍之介の短編小説です。芥川が自殺直前に見た不気味な幻想や妄想が描かれています。『河童』『或る阿呆の一生』と並ぶ、芥川の晩年の代表作です。Kindle版では無料¥0で読むことができます。

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年(明治25年)3月1日 - 1927年(昭和2年)7月24日)は、日本の小説家である。本名同じその作品の多くは短編である。また、「芋粥」「藪の中」「地獄変」など、『今昔物語集』『宇治拾遺物語』といった古典から題材をとったものが多い。

 · 朗読カフェメンバーによる 名作文学の朗読をお楽しみ下さい。 芥川龍之介「沼地」朗読カフェ 高木宏太朗読 この作品には、今日からみれば、不 ...

 · 俳優・ナレーターの西村俊彦による朗読です。【朗読作品一覧表】https://note.mu/byoubyoubyou/n/n56b2fb990c8f【挿入曲】youtube ...

芥川 龍之介 歯車 朗読 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 歯車 朗読

Read more about 芥川 龍之介 歯車 朗読.

6
7
8
9
10
11

Comments:
Guest
Some people have eyes that see not and ears that hear not, but never tongues that talk not.
Guest

Work as though everything depended on you, and pray as though everything depended on God.

Guest
Most of us know how to say nothing, but few of us know when.
Calendar
MoTuWeThFrStSu