芥川 龍之介 河童 の 絵

芥川 龍之介 河童 の 絵

芥川 龍之介 河童 の 絵



 · 24日は作家芥川龍之介(1892~1927)の命日で、河童(かっぱ)の絵を好んで描いたことから「河童忌」と呼ばれる。

底本:「芥川龍之介全集 第十四巻」岩波書店 1996(平成8)年12月9日発行 底本の親本:「改造 第九巻第三号」 1927(昭和2)年3月1日発行 初出:「改造 第九巻第三号」 1927(昭和2)年3月1日発行

芥川龍之介の河童図 ... 「龍」という字がさっと書いてあるのも大変勢いがあって芥川独特の鋭さが感じられる。河童の絵は多く描いているが ...

『河童』(かっぱ)は、芥川龍之介が1927年(昭和2年)に総合雑誌『改造』誌上に発表した小説である。 当時の日本社会、あるいは人間社会を痛烈に風刺、批判した小説であり、同じ年の芥川の自殺の動機を考える上でも重要な作品の一つであるといえる。 芥川の晩年の代表作として有名で ...

 · 第1部 芥川龍之介の絵─河童、化物など. もう一つの自画像としての河童、幼少時から親しんでいた妖怪など、芥川の絵と書を中心に展示。 ・小穴隆一宛書簡(田端の河童と本郷の河童) ・「化物帖」 ・「萬竿煙雨之図」

〘名〙 芥川龍之介の忌日。七月二四日。好んで河童の絵を描き、また、昭和二年(一九二七)に小説「河童」の作があることなどによる。我鬼忌。《季・夏》

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

芥川 龍之介 河童 の 絵 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 河童 の 絵

Read more about 芥川 龍之介 河童 の 絵.

2
3
4
5

Comments:
Guest
People with patience put up with people they'd rather put down.
Guest

It is never too soon to be kind, for we never know how soon it will be too late.

Guest
The most difficult part of getting to the top of the ladder is getting through the crowd at the bottom.
Calendar
MoTuWeThFrStSu