芥川 龍之介 河童 橋

芥川 龍之介 河童 橋

芥川 龍之介 河童 橋



芥川龍之介(1892-1927)が昭和2年(1927)に発表した小説『河童』のなかで、上高地や河童橋が描写されていることで、その名が広く知られるところとなりました。

河童の国の不思議な社会制度や芸術、宗教観を通して人間社会を鋭く諷刺した、芥川の最晩年の代表的作品。

『河童』(かっぱ)は、芥川龍之介が1927年(昭和2年)に総合雑誌『改造』誌上に発表した小説である。 当時の日本社会、あるいは人間社会を痛烈に風刺、批判した小説であり、同じ年の芥川の自殺の動機を考える上でも重要な作品の一つであるといえる。 芥川の晩年の代表作として有名で ...

 · 芥川龍之介作品と「河童橋」 この橋が登場する小説『河童』は上高地から槍ヶ岳、穂高岳に至る梓川周辺を舞台とし、主人公がさまよいこんだ河童の国を通して、当時の日本社会を風刺した寓意性の高い物語だ。

芥川龍之介作品と「河童橋」 この橋が登場する小説『河童』は上高地から槍ヶ岳、穂高岳に至る梓川周辺を舞台とし、主人公がさまよいこんだ河童の国を通して、当時の日本社会を風刺した寓意性の高い物 …

「芥川龍之介 槍ヶ岳登頂100周年記念」として、上高地登山案内人組合が監修した『芥川龍之介の槍ヶ岳登山と河童橋』(2008年11月12日発行)が上梓されてて、ちょっとした宝物を見つけたような驚きがあった。 執筆者や企画・編集者は言うまでもなく上高地や槍ヶ岳に詳しいから、伊藤一郎 ...

芥川 龍之介 河童 橋 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 河童 橋

Read more about 芥川 龍之介 河童 橋.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
He who sows courtesy reaps friendship, and he who plants kindness gathers love.
Guest

People with coughs don't go to the doctor-- They go to the concert.

Guest
A friend is long sought, hardly found and with difficulty kept.
Calendar
MoTuWeThFrStSu