芥川 龍之介 河童 論点

芥川 龍之介 河童 論点

芥川 龍之介 河童 論点



お問い合わせ先: 学術情報企画主担当 TEL: 082-424-6228 FAX: 082-424-6211 E-Mail: tosho-kikaku-jyoho@office.hiroshima-u.ac.jp

芥川龍之介著『河童』―狂気の所在― 後藤聡子 『河童』は1927年2月に発表された短篇小説であり、芥川龍之介最晩年の代表作である。この時期の芥川は神経衰弱が進み、そのほかにも体中を病に侵された …

芥川龍之介の〈狂人語り小説〉の分析 を試みたい。 わたしの研究では、芥川龍之介の〈狂人語り小説〉を二つのグルー えるだろうが、何を常識とするかは文化や時代に関わる問題である。は狂気の定義が問 …

東京都北区は、大正時代の日本文学を代表する作家、芥川龍之介(1892~1927年)が亡くなるまで暮らした東京・田端の旧居跡に、芥川の名前を ...

芥川龍之介『河童』の作品研究に関する資料 ・『芥川龍之介ハンドブック』庄司達也/編 鼎書房 2015.4 isbn978-4-907282-13-4 *芥川龍之介のと芥川文学研究の入門書。p108『河童』作品の書誌・梗概・論点の記載あり。

芥川 龍之介 河童 論点 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 河童 論点

Read more about 芥川 龍之介 河童 論点.

7
8
9
10
11

Comments:
Guest
Age is a high price to pay for maturity.
Guest

How come an educational system that put so much emphasis on penmanship produced so many doctors?

Guest
People who fight fire with fire usually end up with ashes.
Calendar
MoTuWeThFrStSu