芥川 龍之介 神々 の

芥川 龍之介 神々 の

芥川 龍之介 神々 の



底本:「芥川龍之介全集4」ちくま文庫、筑摩書房 1987(昭和62)年1月27日第1刷発行 1993(平成5)年12月25日第6刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房 1971(昭和46)年3月~1971(昭和46)年11月 入力:j.utiyama

『神神の微笑』(かみがみのびしょう)は、芥川龍之介の小説。1922年(大正11年)に『新小説』にて発表された。芥川の小説のジャンル「切支丹物」のひとつ。宣教師・オルガンティーノが、記紀神話の神から、「外国から伝来した文化を元に、独自の文化を作り上げる」日本人の特性を学ぶというストーリー。いわば「日本人論」をモチーフにした作品である。

Amazonで芥川 竜之介の{ProductTitle}。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけま …

芥川龍之介に「神神の微笑」という小品がある。キリスト教に材をとった、いわゆる切支丹物(きりしたんもの)と呼ばれる作品群のひとつだ。 今回はこの作品の世界を、世界史の大きな流れの文脈で見てみたい。フラン...

『神神の微笑/芥川龍之介』の狐人的な【読書メモと感想】。昔のキリスト教宣教師が感じた日本の言い知れぬ力。それは外国から伝わってくる文化を日本独自のものに造り変える力!マンガ、アニメ、ゲーム…日本は凄い国だと改めて思った。

 · ★ 青空永音YouTubeチャンネルへお越しいただき、有難うございます。 芥川龍之介作「神神の微笑」をお届けします。 「芥川は殉教者の心情や ...

芥川 龍之介 神々 の ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 神々 の

Read more about 芥川 龍之介 神々 の.

6
7
8
9

Comments:
Guest
Last year I made a list of things that I resolved to do--I'll use that list again this year--it's still as good as new.
Guest

No man who has caught a big fish goes home through an alley.

Guest
A truly contented person enjoys the scenery along a detour.
Calendar
MoTuWeThFrStSu