芥川 龍之介 蜜柑 解説

芥川 龍之介 蜜柑 解説

芥川 龍之介 蜜柑 解説



芥川龍之介 或 ( ある ) 曇った冬の日暮である。 私 ( わたくし ) は 横須賀 ( よこすか ) 発上り二等客車の 隅 ( すみ ) に腰を下して、ぼんやり発車の笛を待っていた。

芥川龍之介『蜜柑』の感想、分析、主題. 何でしょう、娘を田舎娘として見る主人公(芥川龍之介)の視線はちょっと嫌味なやつくらいの感じがしますが、よほど彼も疲れ切っていたのでしょうね。

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

底本:「現代日本文学大系 43 芥川龍之介集」筑摩書房 1968(昭和43)年8月25日初版第1刷発行 入力:j.utiyama 校正:野口英司 1998年3月16日公開 2005年10月18日修正 青空文庫作成ファイル:

芥川龍之介『蜘蛛の糸』あらすじ|因果応報の慈悲と、利他の大切さ。 芥川龍之介『鼻』あらすじ|外見より内面の自尊心を、笑われる辛さ。 芥川龍之介『蜜柑』あらすじ|目に写る色彩が、心を癒した瞬間。 芥川龍之介『杜子春』あらすじ|金持ちでも ...

『鼻』は夏目漱石が称賛したことで有名な芥川龍之介の作品です。上品なユーモアのある作風が漱石の心を快くくすぐったのでしょう。ここではそんな『鼻』のあらすじから解説・感想をまとめました。

芥川 龍之介 蜜柑 解説 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 蜜柑 解説

Read more about 芥川 龍之介 蜜柑 解説.

3
4
5
6
7

Comments:
Guest
Nothing is as hard to do as getting off your high horse.
Guest

Worry pulls tomorrow's cloud over today's bright sunshine.

Guest
Always hold your head up, but keep your nose at a friendly level.
Calendar
MoTuWeThFrStSu