芥川 龍之介 邪宗門

芥川 龍之介 邪宗門

芥川 龍之介 邪宗門



『邪宗門』(じゃしゅうもん)は、芥川龍之介の未完の小説である。大正7年(1918年)10月から『東京日日新聞』に連載された。『大鏡』や『栄花物語』などを基に、芥川独自のストーリーで書かれている。

『邪宗門』(じゃしゅうもん)は、芥川龍之介の未完の小説である。大正7年(1918年)10月から『東京日日新聞』に連載された。『大鏡』や『栄花物語』などを基に、芥川独自のストーリーで書かれている。 芥川の小説『地獄変』に登場した堀川の大殿の子、若殿が主人公である。『地獄変』と同一人物と思われる語り部により物語が進むが、本作では語り部自身も本編に登場する。時代は平安時代、本編に出てくる「摩利の教」は山田孝三郎の景教という説が有力。物語は中盤、いよいよ主人公が邪宗の沙門と対決するところで未完となっている。未完の理由については芥川の体調不良とされているが、展開に行き詰まった点を理由とする向きもある。

堀川の大殿様の子である若殿様は、父親とは容姿、性格、好みすべて正反対で、優しく物静かな人物であった。その生涯は平穏無事なものであったが、たった一度だけ、不思議な出来事があった。

堀川の大殿様の子である若殿様は、父親とは容姿、性格、好みすべて正反対で、優しく物静かな人物であった。その生涯は平穏無事なものであったが、たった一度だけ、不思議な出来事があった。

芥川龍之介 一 先頃 大殿様 ( おおとのさま ) 御一代中で、一番 人目 ( ひとめ ) を 駭 ( おどろ ) かせた、 地獄変 ( じごくへん ) の 屏風 ( びょうぶ ) の由来を申し上げましたから、今度は若殿様の御生涯で、たった一度の不思議な出来事を御 ...

邪宗門 (芥川龍之介) 邪宗門 (芥川龍之介)の概要 ナビゲーションに移動検索に移動この項目では、芥川龍之介の小説について説明しています。その他の用法については「邪宗門 (曖昧さ回避)」をご覧ください。邪宗門作者芥川龍之介国 日本言語日本語ジャンル中編小...

底本: 芥川龍之介全集2: 出版社: ちくま文庫、筑摩書房: 初版発行日: 1986(昭和61)年10月28日: 入力に使用: 1996(平成8)7月15日第11刷

Amazonで芥川 龍之介の地獄変・邪宗門・好色・薮の中 他七篇 (岩波文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。芥川 龍之介作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また地獄変・邪宗門・好色・薮の中 他七篇 (岩波文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

芥川龍之介 芥川龍之介と云う作家は少し変わった作家である。 「文学者」として教科書にも登場するのでその評価は非常に高いものであると思われているが生前からその死後数十年に亘って文壇では高く評価されていなかったと云うことは意外な事実である。

芥川 龍之介 邪宗門 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 邪宗門

Read more about 芥川 龍之介 邪宗門.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
Four be the things I am wiser to know: idleness, sorrow, a friend and a foe.
Guest

People who think they know everything can be a pain in the neck to those who really do.

Guest
Our deeds determine us, as much as we determine our deeds.
Calendar
MoTuWeThFrStSu