藤原たかこ 紫式部

藤原たかこ 紫式部

藤原たかこ 紫式部



本名. 紫式部の本名は不明であるが、『御堂関白記』の寛弘4年1月29日(1007年 2月19日)の条において掌侍になったとされる記事のある「藤原香子」(かおりこ / たかこ / こうし)とする角田文衛の説もある 。 この説は発表当時「日本史最大の謎」として新聞報道されるなど話題を呼んだ。

藤原賢子(ふじわらのたかこ)--母紫式部の枠から出て (後宮のすべて) -- (後宮を彩る女たち) 稲賀 敬二 国文学 解釈と教材の研究 25(13), p162-163, 1980-10

本名は未詳だが、角田文衞氏によって「藤原香子(たかこ・かおりこ・こうし)」説が提起されている。 父は、藤原為時。母は、藤原為信の娘。幼い頃から才気を発揮しており、父・為時は紫式部が男子でなかったことを惜しんだらしい。

紫式部は、平安時代中期大人気の女流作家です。藤原家出身の彼女は、和歌や漢詩に優れた人々に囲まれて成長し、文学的な才能を開花させました。『源氏物語』を始め多くの作品が、現在も世界中の人々に読まれています。そんな彼女の人生とは、どんなものだったのでしょう。

本名 紫式部の本名は不明であるが、『御堂関白記』の寛弘4年1月29日(1007年2月19日)の条において掌侍になったとされる記事のある「藤原香子」(かおりこ / たかこ / こうし)とする角田文衛の説もあ …

紫式部さんの本名は、いちおう不明となっていますが、 「 藤原 (ふじわらの ) 香子」が有力ですね。 さらに読み方も分からず、「かおりこ、たかこ、こうし、よしこ」だそうです。文字での記録でしかないので仕方ないですよね。

 · 特に女性が実名を明かすことは結婚を承諾するに等しいとされていた。角田文衛によると、紫式部の本名は藤原香子(たかこ)という説がある。だがこれには批判もあり未だわからない。(角田文衛「紫式部の本名」『紫式部とその時代』所収 1966年)

本 名 不明、一説には藤原香子(こうし、或いはたかこ) 俗 称 紫式部 (紫は「紫の上」から、式部は父の官職名から由来したそうです) 生年月日 不明 (993年又は997年ごろ)

「紫式部のプロフール」 本 名 不明、一説には藤原香子(こうし、或いはたかこ) 俗 称 紫式部 (紫は「紫の上」から、式部は父の官職名から由来したそうです) 生年月日 不明 (993年又は997年ごろ)

藤原高子 紫式部 ⭐ LINK ✅ 藤原高子 紫式部

Read more about 藤原高子 紫式部.

7
8
9
10
11
12

Comments:
Guest
A handful of patience is worth more than a bushel of brains.
Guest

If you're looking for a long rest, be on time for an appointment.

Guest
Give what you have; to some it may be better than you dare to think.
Calendar
MoTuWeThFrStSu