蟲 江戸川 乱歩

蟲 江戸川 乱歩

蟲 江戸川 乱歩



『蟲』 (むし)(別表記『虫』) は江戸川乱歩が著した中編小説である。改造社の雑誌『改造』の昭和4年(1929年)9、10月号に連載された。 当初、博文館の雑誌『新青年』1929年5月号に、「蟲」の字を20字詰め4行に並べる、という形で予告されたが、翌6月号では予告したものが書けなかったとして、代わりに『押絵と旅する男』が掲載された 。 乱歩は以前から『改造』誌からの原稿依頼を受けていたが、最初に執筆した『陰獣』は、長くなりすぎたために掲載を拒否されて『新青年』に回されることになり(1928年夏期増刊号、9月号、10月増大号に連載)、次に執筆した『芋虫』は、反戦的・反軍的とも受け取れる内容であったため、発禁の恐れがあるとして『改造』からは拒否され、再び『新青年』に回されることになった(『悪夢』と改題され、1929年新春増大号に掲載) 。このような事情のため、『新青年』に予定されていた本作が『改造』に回されることになったものである。

柾木愛造(まさき あいぞう) 主人公。厭人病者で自宅の土蔵に引きこもっている。 木下芙蓉(きのした ふよう) 本名・木下文子。人気女優。柾木の幼なじみで初恋の相手。 池内光太郎(いけうち こうたろう) 柾木の唯一の友人。柾木と正反対の性格で、芙蓉の恋人。

蟲; 作者: 江戸川乱歩: 国: 日本: 言語: 日本語: ジャンル: 中編小説、犯罪小説: 発表形態: 雑誌掲載: 初出 『改造』1929年9月号 - 10月号: 収録 『世界探偵小説全集 23 乱歩集』1929年、博文館: ウィキポータル 文学: テンプレートを表示

美しく妖しく、どこか懐かしくていとおしい―江戸川乱歩没後50年を記念する傑作選、辻村深月編の本書ではそんな乱歩の精髄を収める。 恋する美女に嘲笑された孤独な男の妄執を綿密に描く「蟲」。

江戸川乱歩傑作選 蟲 (文春文庫) の 評価 84 % 感想・レビュー 42 件

江戸川乱歩傑作選 蟲 (文春文庫) の 評価 84 % 感想・レビュー 5 件

第8141回は、「江戸川乱歩中短編 その22、虫(蟲) ストーリー、ネタバレ」(1929年)です。. 70ページほどの中編なのですが、小説の早い段階で、主人公の柾木(まさき)が初恋の女性・木下文子を殺したことが明かされています。. 物語は、柾木が殺人に至る心理とその後の行動を執拗に追っています。. ストーカー殺人がモチーフになっています。. ところで ...

蟲 江戸川 乱歩 ⭐ LINK ✅ 蟲 江戸川 乱歩

Read more about 蟲 江戸川 乱歩.

7
8
9
10
11

Comments:
Guest
Make tomorrow another day and not today's sequel.
Guest

Some people have eyes that see not and ears that hear not, but never tongues that talk not.

Guest
Don't give someone a piece of your mind unless you're ready to live with what's left.
Calendar
MoTuWeThFrStSu