行成 実方 清少納言

行成 実方 清少納言

行成 実方 清少納言



 · 平安中期の貴公子・藤原行成ふじわらのこうぜいは、仕事はできましたが、全く女性にウケないカタブツ官僚。 でも、あの清少納言とはお互い「和歌嫌い」で意気投合した親しい間柄でした。 友だち?恋人? 『枕草子』に描かれた行成の意外な素顔と2人の微妙な関係について見ていきましょう。

清少納言(せい しょうなごん、康保3年頃〈966年頃〉 - 万寿2年頃〈1025年頃〉)は、平安時代中期の女流作家、歌人。随筆『枕草子』は平安文学の代表作の一つ。本名は清原 諾子(きよはら の なぎこ)とされている 。

 · この時の実方を清少納言は離れた場所で見ていたことが書かれています。舞人実方に対する憧憬が読み取れます。又、枕草子第三十五段「小白河といふ所は」にて、今度は歌人としての実方を高く評価しております。

他人に迎合しない行成は、清少納言以外の女房たちからは敬遠されがちです。若い女房たちが、「行成様は本当にお付き合いしにくいこと。他の男性のように歌を歌って楽しんだりもせず、ちっとも面白くないわ」などと非難するのを聞いて、他の女房たちには声もかけません。そして ...

 · 藤原実方. 藤原実方は、どうも清少納言と愛人関係にあったようです(婚姻までいったのか?)。 彼は藤原行成と争った後、陸奥へ赴任していますが、この争いの原因は清少納言をめぐってのことだとの説があります。

 · 清少納言とは気の合う友人?枕草子のやりとりを探る:藤原行成 編 2018/07/18 (水) 06:18

藤原 行成(ふじわら の ゆきなり/こうぜい )は、平安時代中期の公卿。藤原北家、右少将・藤原義孝の長男。官位は正二位・権大納言。一条朝四納言(「寛弘の四納言」)の一。世尊寺家の祖。

枕草子の記事を読んでいると、清少納言と頭の弁*1である藤原行成って仲がいいなと思います。 行成の前に頭の中将をしていた藤原斉信とも仲が良いですが、ちょっと大人な付き合いに見えます。 清少納言は、いつもかっこいい!と言ってますが、一線は越えません。

しかし、実方が陸奥で亡くなったあと、彼の亡霊が上賀茂神社の御手洗川に映ると聞いた清少納言は、「嫌だ、気味悪いわ」と言ったとか。田辺さんによるとどうも清少納言の方は、実方を本当に愛してはいなかったのではないかとのことでした。

行成 実方 清少納言 ⭐ LINK ✅ 行成 実方 清少納言

Read more about 行成 実方 清少納言.

3
4
5

Comments:
Guest
Make tomorrow another day and not today's sequel.
Guest

The virtues of being punctual are largely offset by having to wait for people who aren't.

Guest
Do not neglect to show hospitality to strangers, for thereby some have entertained angels unawares.
Calendar
MoTuWeThFrStSu