読み 聞かせ 芥川 龍之介

読み 聞かせ 芥川 龍之介

読み 聞かせ 芥川 龍之介



芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

 · 【電子書籍を読むならbook☆walker(ブックウォーカー)試し読み無料!】童話風な作「杜子春(とししゅん)」「魔術」「蜜柑」のほか、「妖婆」「鼠小僧次郎吉」「舞踏会」「南京の基督(きりすと)」の7編を収録した短編第四集。

底本:「現代日本文學全集 第三〇篇 芥川龍之介集」改造社 1928(昭和3)年1月9日発行 初出:「新潮」 1919(大正8)年5月1日 ※表題は底本では、「 蜜柑 ( みかん ) 」となっています。 入力:高柳典子 校正:岡山勝美 2012年2月8日作成 2012年3月21日修正

底本:「芥川龍之介全集1」ちくま文庫、筑摩書房 1986(昭和61)年9月24日第1刷発行 1997(平成9)年4月15日第14刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房 1971(昭和46)年3月~1971(昭和46)年11月 入力:平山誠、野口英司

今の時代こそ読みたい、芥川龍之介の作品 『しろ』 ふみサロでは、毎回課題の本があり、それを読んで、自由にエッセイを書いていきます。今回は、芥川龍之介の『しろ』でした。 下記のウィキペディアによると、芥川龍之介の『白』は、晩年の1923年の ...

詩「相聞」(芥川龍之介)の授業. 小林義明(読み研運営委員) この教材は、平成5年度版の東京書籍の教科書(中3)に採録された。いい教材だと思っていたが、一回限りで姿を消した。

「芋粥」(いもがゆ)は、1916年(大正5年)9月1日の『新小説』に発表された芥川龍之介の短編小説である 。『宇治拾遺物語』の一話に題材をとり、「鼻」と並ぶ古典 翻案ものの一つと位置づけられる。

芥川龍之介の小説『雛』から? 帽子の模様 「巳」の字の形をした蛇?→八坂神奈子? 「にとり」の「2」? 秋穣子のスカートの柄と同じ? 蒲の穂(がまのほ) 蝦蟇(ガマガエル)?→洩矢諏訪子? 右手の草 早苗(稲の若い苗)?→東風谷早苗? 芥川 ...

読み 聞かせ 芥川 龍之介 ⭐ LINK ✅ 読み 聞かせ 芥川 龍之介

Read more about 読み 聞かせ 芥川 龍之介.

3
4
5
6
7
8

Comments:
Guest
It is better to hold out a hand than to point a finger.
Guest

The best thing you can spend on your children is time.

Guest
Anyone who thinks there's safety in numbers hasn't looked at the stock market pages.
Calendar
MoTuWeThFrStSu