谷崎 潤一郎 の 愛

谷崎 潤一郎 の 愛

谷崎 潤一郎 の 愛



谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

初期は

初期は

谷崎潤一郎 一 私はこれから、あまり世間に類例がないだろうと思われる私達夫婦の間柄に就いて、出来るだけ正直に、ざっくばらんに、有りのままの事実を書いて見ようと思います。

第一回は、谷崎潤一郎の人となりや小説執筆の背景を掘り下げながら、「痴人の愛」という小説に描かれた「エロティシズムという業」を ...

谷崎文学の神髄 性と愛の交響 谷崎潤一郎は「無思想の作家」と称されていた。 階級闘争を標榜したプロレタリア文学が隆盛をきわめた時代も、戦時体制のもとに民族主義的な思潮が台頭した時代も、谷崎は魅惑的な女性の美しさを描くためだけに命をささげ作品を紡いだ。

Amazonで潤一郎, 谷崎の痴人の愛 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。潤一郎, 谷崎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また痴人の愛 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送 …

『痴人の愛』は、谷崎潤一郎が男女の関係を「私小説」ふうに綴った長編小説です。この作品は男女の性格や行動を非常に細かく描写している点で他の小説とは一線を画していて、この観点に立てば近代文学の最高傑作のひとつと言えるでしょう。この連載でもいろいろな名作を見てきましたが ...

谷崎潤一郎「痴人の愛」は妻の妹がモデル!妻を友人作家に譲渡するという異常な女性関係. 谷崎潤一郎は、一高、東大を出て、25歳で作家になり、明治から大正期へと移る文学界において、まさに時代の寵児のような存在でした。

『痴人の愛』(ちじんのあい)は、谷崎潤一郎の長編小説。カフェーの女給から見出した15歳のナオミを育て、いずれは自分の妻にしようと思った真面目な男が、次第に少女にとりつかれ破滅するまでを描く物語。 小悪魔的な女の奔放な行動を描いた代表作で、「ナオミズム」という言葉を ...

日本の小説史において活躍した小説家の1人に挙げられる「谷崎潤一郎(たにざきじゅんいちろう)」。大正期から昭和にかけて活躍した谷崎は『痴人の愛』『細雪(ささめゆき)』といった名作を生み出…

谷崎潤一郎「痴人の愛」 作品紹介1924年連載開始。耽美派、マゾヒズム小説の傑作。「ナオミ」という名は素敵だ。西洋人のようだ。立派な ...

谷崎 潤一郎 の 愛 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 の 愛

Read more about 谷崎 潤一郎 の 愛.

4
5
6
7
8
9

Comments:
Guest
No brook is too little to seek the sea.
Guest

Some people treat their religion like a spare tire--they never use it except in an emergency.

Guest
Maybe the reason so many folks have their backs to the wall is that they have been putting up too much of a front.
Calendar
MoTuWeThFrStSu