谷崎 潤一郎 礼 讃

谷崎 潤一郎 礼 讃

谷崎 潤一郎 礼 讃



『陰翳礼讃』(いんえいらいさん)は、谷崎潤一郎の随筆。まだ電灯がなかった時代の今日と違った日本の美の感覚、生活と自然とが一体化し、真に風雅の骨髄を知っていた日本人の芸術的な感性について論じたもの。谷崎の代表的評論作品で、関西に移住した谷崎が日本の古典回帰に目覚めた時期の随筆である 。

底本の親本:「谷崎潤一郎全集 第二十巻」中央公論社 1982(昭和57)年12月25日 初出:「経済往来」 1933(昭和8)年12月号、1934(昭和9)年1月号 ※底本は新字新仮名づかいです。なお旧字の混在は、底本通りです。 入力:砂場清隆 校正:門田裕志

 · 日本を代表する小説家、谷崎潤一郎。明治末期に生まれ、大正から昭和という激動の時代を生き抜いた彼の創作の裏には、めまぐるしく移ろう日本の風景への思いが強く息づいている。

えあ草紙で読む青空文庫(無料) 著者:谷崎 潤一郎 作品名:陰翳礼讃 底本:「陰翳礼讃 改版」 中公文庫、中央公論社 1975(昭和50)年10月10日 初出:「経済往来」1933(昭和8)年12月号、1934(昭和9)年1月号 文字遣い:新字新仮名

はじめに 『陰翳礼讃』は昭和8年に発表された谷崎潤一郎の随筆。 主に「明るさ」と「暗さ」をテーマに日本人の伝統的な美意識や、東洋と西洋の美的感覚の違いについて考察しています。

谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』 芸術/メディア. 2020.03.13 2020.03.11. 芸術/メディア. 一、 [まず、谷崎は、日本の伝統的な生活様式に西洋文明の利器が侵入してくること(近代化)によって生ずる、美的な不調和を嘆きます。 ...

谷崎潤一郎は、もともと若い頃、大の西洋かぶれでした。 それが、ある時期から日本文化に回帰したのです。私もこのコースをだどっているのでよくわかります。西洋文化を少し突っ込んで学ぶと、なんか違和感を感じるのです。

その谷崎潤一郎が、日本人の美意識について論考したのがこの「陰翳礼讃」です。 私が本書をに興味を持ったのは、デザイナーである原研哉さんの名著「デザインのデザイン」の中で「陰翳礼讃」を推薦していたのを読んだからです。

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。 明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

暗がりを好む。 谷崎潤一郎の作品と言えば、「細雪」や「痴人の愛」が有名です。本屋の文庫本コーナーを見ると、日本文学の代表格として、常に並んでいます。自分は、谷崎作品を読んだことはありませんでしたが、ふと、この「陰翳礼讃」を手にとって読んでみようという気になりました。

谷崎 潤一郎 礼 讃 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 礼 讃

Read more about 谷崎 潤一郎 礼 讃.

2
3
4
5
6
7

Comments:
Guest
Lost time is never found again.
Guest

Children who could be seen and not heard have been replaced by those who can be heard even when they're out of sight.

Guest
Contentment is contagious.
Calendar
MoTuWeThFrStSu