谷崎 潤一郎 記念 館 特別 展

谷崎 潤一郎 記念 館 特別 展

谷崎 潤一郎 記念 館 特別 展



華やかな日本の文化を筆にとどめた谷崎潤一郎。 彼が愛した芦屋の地に、1988年にできた谷崎潤一郎記念館は、 現在も芦屋の人々に親しまれています。 時代のうつろいとともに、ゆったりと流れる時間を この芦屋の地で過ごしてみませんか… 〒659-0052

芦屋の文化と歴史を文学の視点で綴る・谷崎潤一郎記念館へようこそ 文豪・谷崎潤一郎の生涯は八十年に及び、作家としてのキャリアも半世紀をこえます。 その間、時々の世のタブーと危うい摩擦を引き起こし、時に発禁の憂き目に遭いながらも、歴史の ...

特別展「没後50年 谷崎潤一郎展 ―絢爛たる物語世界―」 谷崎潤一郎(1886~1965)は1910年(明治43)、「刺青」「麒麟」などを発表。 その耽美的な作品で、自然主義が隆盛を極めていた当時の文壇に大きな衝撃を与えました。

特別展「谷崎潤一郎展」 谷崎潤一郎は1886年、未だ江戸情緒が色濃く残る日本橋蠣殻町に誕生しました。永井荷風の推挙を得て25歳で文壇デビュー以後、様々な手法を凝らした作品を精力的に書き続けます。

2020年9月12日(土)~12月6日(日)に、芦屋市谷崎潤一郎記念館にて 2020年 秋の特別展「taboo(タブー)―発禁の誘惑―」が、開催されます。 文豪・谷崎潤一郎の生涯は80年に及び、作家としてのキャリアも半世紀をこえます。

2020年6月2日(火)~6月7日(日)に、芦屋市谷崎潤一郎記念館にて 2020年 春の特別展「潤一郎の美術展~文豪ゆかりの「美」に浸る~」が、開催されます。 谷崎潤一郎は、美しいものをこよなく愛しました。

谷崎 潤一郎 記念 館 特別 展 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 記念 館 特別 展

Read more about 谷崎 潤一郎 記念 館 特別 展.

5
6
7
8
9

Comments:
Guest
All the world's a stage, but most of us are stagehands.
Guest

Age is a high price to pay for maturity.

Guest
Do not neglect to show hospitality to strangers, for thereby some have entertained angels unawares.
Calendar
MoTuWeThFrStSu