遠藤 周作 と 歩く 長崎 巡礼

遠藤 周作 と 歩く 長崎 巡礼

遠藤 周作 と 歩く 長崎 巡礼



Amazonで遠藤 周作, 芸術新潮編集部の遠藤周作と歩く「長崎巡礼」 (とんぼの本)。アマゾンならポイント還元本が多数。遠藤 周作, 芸術新潮編集部作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また遠藤周作と歩く「長崎巡礼」 (とんぼの本)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

遠藤周作と歩く「長崎巡礼」 かれこれ四十年ほど前の、初夏のとある夕暮、遠藤周作は、初めて訪れた長崎の街を格別どこに行くあてもなく、歩いていた。

遠藤周作[エンドウシュウサク] 1923(大正12)年、東京生れ。幼年期を旧満州大連で過ごし、神戸に帰国後、11歳でカトリックの洗礼を受ける。慶應義塾大学仏文科卒。フランス留学を経て、1955(昭和30)年「白い人」で芥川賞を受賞。

 · 遠藤周作と歩く「長崎巡礼」 - 遠藤周作 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

遠藤 周作『遠藤周作と歩く「長崎巡礼」』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約24件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

『遠藤周作と歩く「長崎巡礼」 (とんぼの本)』(遠藤周作) のみんなのレビュー・感想ページです(8レビュー)。作品紹介・あらすじ:奉行所跡でロドリゴ神父の踏絵シーンに泣き、大浦天主堂でキクの哀しい最期に泣き、浦上村でサチ子の被爆悲話に泣く…。

遠藤周作と歩く「長崎巡礼」 資料種別: 図書 責任表示: 遠藤周作著 ; 芸術新潮編集部編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 新潮社, 2006.9 形態: 127p ; 21cm 著者名:

「遠藤周作と歩く長崎巡礼」←ちょうど今読んでいます!復習&予習? 私も、同じく妄想していますよ(笑笑)平戸や五島や、島原など。でも恐らく来夏には 世界遺産に登録されると思うので、混むようになったらやだなぁ〜とか(苦笑)

『沈黙』遠藤周作(新潮文庫/1981) 『女の一生 二部・サチ子の場合』遠藤周作(朝日新聞社/1982) 『長崎町づくし』嘉村国男(長崎文献社/1986) 『遠藤周作と歩く「長崎巡礼」』遠藤周作・芸術新潮編集部編(新潮社/2006)

遠藤 周作(えんどう しゅうさく、1923年(大正12年)3月27日 - 1996年(平成8年)9月29日)は、日本の小説家。 随筆や文芸評論や戯曲も手がけた。

遠藤 周作 と 歩く 長崎 巡礼 ⭐ LINK ✅ 遠藤 周作 と 歩く 長崎 巡礼

Read more about 遠藤 周作 と 歩く 長崎 巡礼.

6
7
8
9
10
11

Comments:
Guest
There is one art of which man should be master--the art of reflection.
Guest

In the eyes of a child, there are 7 million wonders of the world

Guest
An optimist is a person who sticks on the stamp before addressing the envelope.
Calendar
MoTuWeThFrStSu