遠藤 周作 沈黙 解説

遠藤 周作 沈黙 解説

遠藤 周作 沈黙 解説



『沈黙』(ちんもく)は、遠藤周作が17世紀の日本の史実・歴史文書に基づいて創作した歴史小説。1966年に書き下ろされ、新潮社から出版された。江戸時代初期のキリシタン弾圧の渦中に置かれたポルトガル人の司祭を通じて、神と信仰の意義を命題に描いた。

第2回谷崎潤一郎賞受賞作。この小説で遠藤が到達した「弱者の神」「同伴者イエス」という考えは、その後の『死海のほとり』『侍』『深い河』といった小説で繰り返し描かれる主題となった。世界中で13か国語に翻訳され、グレアム・グリーンをして「遠藤は20世紀のキリスト教文学で最も重要な作家である」と言わしめたのを始め、戦後日本文学の代表作として高く評価される。

 · 遠藤周作『沈黙』は昭和41年、新潮社より出版。出版後、たちまち文芸界の話題をかっさらった。 出版のその年のうちに、キリスト教系の雑誌から文芸誌まで、十数編の評論が発表された。また、シンポジウムや座談会も開催されたという。

遠藤 周作『沈黙』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。

 · 遠藤周作の小説『沈黙』のあらすじと感想。後半ネタバレあり。立場の異なる人との超えがたい壁、キリスト教徒はなぜ神を必要とするのか、人生で大切なことはなにかという3点についての感想をまとめました。

外国の宗教映画の日本人による解説は、時々信じられないくらいでたらめなことが書いてあります。もちろん、私が牧師だからと言って、私の解説が正しいということにはなりませんが、遠藤周作の「沈黙」に関しては、ちょっと自信があります。

芥川賞作家・遠藤周作の代表作である「沈黙」。この作品をアメリカ人監督であるマーティン・スコセッシ氏がメガホンをとり、ハリウッド映画として制作、日本でも公開がはじまった。遠藤周作の弟子・加藤宗哉氏はこれを見て、何を思ったのか。

遠藤周作、沈黙、かくれ切支丹、集団、個人 はじめに 一九六六年、遠藤周作は書き下ろし小説『沈黙』(新潮社)を刊行し 仰の意義を問うている。遠藤は三好行雄との対談「文学ル人司祭ロドリゴ及び日本人の転び者キチジローなどを通じて、神と信た。

Amazonで遠藤 周作の沈黙 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。遠藤 周作作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また沈黙 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 ...

遠藤周作の『沈黙』のあらすじや主題などを説明していただけませんでしょうか? 今度、遠藤周作の『沈黙』のレポートを作らなければならないのですが、主題がよくわかりません!!「神が沈黙し続けている」というのは何となくわかるのですが、もっと詳しく説明していただけると助かります ...

遠藤 周作 沈黙 解説 ⭐ LINK ✅ 遠藤 周作 沈黙 解説

Read more about 遠藤 周作 沈黙 解説.

3
4
5
6

Comments:
Guest
Nostalgia: Life in the past lane
Guest

A lot of us would like to move mountains, but few of us are willing to practice on small hills.

Guest
The buck doesn't stop these days--In fact, it doesn't ever slow down.
Calendar
MoTuWeThFrStSu