鍵 谷崎 潤一郎 解説

鍵 谷崎 潤一郎 解説

鍵 谷崎 潤一郎 解説



『鍵』(かぎ)は、谷崎潤一郎の長編小説。読まれることを前提にして書かれた日記をお互い盗み読みする夫婦の愛欲の物語。この日記形式の物語世界を読む者もまた窃視の主体となるという仕掛けの構図を持つ作品である 。谷崎の代表作の一つで、翻訳も世界各国で行われている。たびたび映像化されている作品でもある。

鍵 (谷崎潤一郎) あらすじ ある初老の学者(大学教授)が、嫉妬によって性的に興奮して妻の郁子に性的に奉仕するための精力を得ることを目的として、自らが娘の敏子との縁談を持ちかけた大学生の木村と妻を、一線を越えない限界まで接...

はじめに 谷崎潤一郎『鍵』は昭和31年(1956年)に発表された長編。 舞台は昭和二十年代後半、三十年代初頭の京都。 (ひたすら男女間のことを書いているので、あまり舞台は重要ではないのですが) 夫は四十代半ばにして、二十 ...

鍵. 谷崎潤一郎 著. 妻の肉体に死をすら打ち込む男と、死に至るまで誘惑することを貞節と考える妻。性の悦楽と恐怖を限界点まで追求した問題の長篇。〈解説〉綱淵謙錠. 書誌データ. 初版刊行日 1973/12/10; 判型 文庫判; ページ数 244ページ; 定価 本体686円 ...

 · ・谷崎潤一郎の代表作(5)『鍵』 谷崎潤一郎の 晩年に執筆された作品 であり、発表当時は、社会的なスキャンダルになったことでも有名です。 登場人物は、初老の大学教授と、その妻、娘、そして、教授自身が娘の縁談相手として連れてきた大学生の青年。

本日は、谷崎潤一郎の知られざる生涯や、どうして文豪になれたのか、作品についての解説をしていきたいと思います。 谷崎潤一郎は1886年、おおよそ伊藤博文が初代内閣総理大臣に就任した頃、東京日本橋の商家に生を受けますが、その後祖父の事業は ...

まさしく『鍵』に出てくる妻のような人物だったわけです。 しかし谷崎が49歳のとき、谷崎の作品を慕ってやってきた、運命の女性・松子とこれまでの妻を離縁して再婚。 松子は谷崎にとって理想の女性で …

谷崎潤一郎作品「卍」「秘密」「痴人の愛」あらすじネタバレ! 谷崎潤一郎は、明治、大正、昭和を生きた耽美派の文豪 谷崎潤一郎は、川端康成と並んで、明治、大正、昭和を生きた文豪です。川端康成の作品が、教科書で数多く取り上げられるのに対して、谷崎潤一郎の作品をあまり教科書 ...

「谷崎『鍵』の「欲望の欲望」」 谷崎潤一郎の、いわゆる「晩年三部作」は『鍵』、『瘋癲老人日記』、『夢の浮橋』を指す。第一作『鍵』は、数え年七十一歳になる谷崎が、昭和三十一年(1956年)の『中央公論』一月号および、五月号から十二月号に発表した作品で、連載時から、当時に ...

鍵 谷崎 潤一郎 解説 ⭐ LINK ✅ 鍵 谷崎 潤一郎 解説

Read more about 鍵 谷崎 潤一郎 解説.

5
6
7
8
9

Comments:
Guest
People with coughs don't go to the doctor-- They go to the concert.
Guest

If television shows continue the way they're going, the public will soon be demanding longer commercials.

Guest
One of the advantages of being disorderly is that you are constantly making new discoveries.
Calendar
MoTuWeThFrStSu