雨傘 川端 康成 解説

雨傘 川端 康成 解説

雨傘 川端 康成 解説



川端は結婚を決意します。川端が二十ニ歳、伊藤初代がまだ十五歳の時に、岐阜市の写真館にて婚約写真を撮影します。その後、岐阜の料理屋を出る際に、下足番から川端の雨傘を受け取る初代に、川端は<温かく寄り添はれた喜び>を感じます。

まず注目したいのは、冒頭の雨の描写である。「濡れはしないが、なんとはなしに肌の濕る、霧のやうな春雨だつた」「春雨」という言葉ひとつで、この物語全体を表していると言っても過言ではないだろう。詩歌にもよく用いられる季語としての意味は、「しっとりと暖かく降り包む春の雨 ...

【ホンシェルジュ】 川端康成は日本初のノーベル文学賞作家。鋭い洞察と柔らかな文体で書かれた彼の作品は、今もなお、多くの作家に影響を与えています。時に切なく、時に官能的。そんな美しい文章をとことん味わえる、川端康成の10作品をご紹介します。

概要>下田から北の町へ、秋の天城峠を行く乗合自動車の運転手「有難うさん」。追い越す時、いつも礼儀正しく“ありがとう”と挨拶する。ある日、娘を売りに行く親子を乗せる。悲しみに揺られながら娘は、運転手に恋をする。そして、一夜が明け春まで家で過ごすことになる。

川端康成の「掌の小説」の詩学 に即して感得される。 姿でもあり、とりわけ描かれた世界の中心的人物や事物のありょうは詩的主観も体験するが、また詩的主観が合一的に観照する世界の世界を虹のごとく瞬時に彩る様相が「純情」である。

川端の掌編小説. 初期の頃の35編は1926年(大正15年)6月15日に金星堂より刊行の処女作品集『感情装飾』に初収録された 。 その後の1930年(昭和5年)4月7日に新潮社より刊行の『僕の標本室』には、新作を加えた47編が収録され、1938年(昭和13年)7月19日に改造社より刊行の『川端康成選集第1巻 ...

「童謡」に「雨傘」という言葉が登場します。さらに「髪」についてのこんなフレーズ。「海水浴の後みたいぢやないか。潮でべたべたする」「掌の小説」の「雨傘」に、...

1.作者・川端康成について解説する。 2.「雨傘」の収められている「掌の小説」から、目次をコピーした プリントを配布し、目を通させる。 各作品の頁数に注目させ、なぜこの短編集に「掌の小説」という タイトルがつけられたのか、説明する。

「雨傘」「掌の小説」より川端康成(昭和7年3月)38~40頁濡れはしないが、なんとはなしに肌の湿(しめ)る、霧のような春雨だった。表に駈け出した少女は、少年の傘を見てはじめて、「あら。雨なのね?」少年は雨のためよりも、少女の坐っている店先きを通る恥かしさを隠すために、開い ...

掌の小説について。。。 掌の小説の解説をお願いします。 この夏、川端康成の著書、掌の小説を購入し、読書をはじめてみたのですが、私には高度過ぎる内容で、作品の良さ、特徴、文体、この本の良作、傑作がわかりません。

雨傘 川端 康成 解説 ⭐ LINK ✅ 雨傘 川端 康成 解説

Read more about 雨傘 川端 康成 解説.

4
5
6
7
8
9

Comments:
Guest
You are young and useful at any age if you are still planning for tomorrow.
Guest

People are very open-minded about new things--as long as they're exactly like the old ones.

Guest
Nature is the art of God.
Calendar
MoTuWeThFrStSu