雨傘 川端 康成 解説

雨傘 川端 康成 解説

雨傘 川端 康成 解説



1.作者・川端康成について解説する。 2.「雨傘」の収められている「掌の小説」から、目次をコピーした プリントを配布し、目を通させる。 各作品の頁数に注目させ、なぜこの短編集に「掌の小説」という タイトルがつけられたのか、説明する。

川端康成がなぜ仏壇と線香なのか… 多分『葬式の名人』と『化粧』という短編のためだと読み返してわかりました。 死そのものではなく、それにまつわる周辺の人々を遠くから眺めるような、そんな話です。

まず注目したいのは、冒頭の雨の描写である。「濡れはしないが、なんとはなしに肌の濕る、霧のやうな春雨だつた」「春雨」という言葉ひとつで、この物語全体を表していると言っても過言ではないだろう。詩歌にもよく用いられる季語としての意味は、「しっとりと暖かく降り包む春の雨 ...

川端康成の「掌の小説」の詩学 に即して感得される。 姿でもあり、とりわけ描かれた世界の中心的人物や事物のありょうは詩的主観も体験するが、また詩的主観が合一的に観照する世界の世界を虹のごとく瞬時に彩る様相が「純情」である。

川端康成掌の小説雨傘 川端康成の短編小説の中の『雨傘』がとても好きです。なんか、読むたびに、胸が「キュン」となります。(死語使いました)まだウブだった自分と重ねて読んでしまうみたいな。。(また死語使いま...

 · 解説>一族は肺病で死んでいく。かよわい彼女は死だけを見つめ艶めかしく、ひとときの時間も連続も信じない。肺療院に送られ、二人の男に愛される。医者に身体を治され、そして小説家に心を癒される。しかし彼女は二人を避け、一人孤独に死を思う。

 · 解説>十六歳で訪れた最後の肉親である祖父の死。通夜に青い人玉が飛び立ち、焼き場で骨を拾う。燃え屑の温気が強く、いやな臭いがする。生と死。とうとう一人になった私のことを、村人たちは好奇心をまじえ同情する。悲しむのは私だけだろう。そうして今、五十一歳になる私はまだ生き ...

川端康成『伊豆の踊子』あらすじ|野の匂いの好意に、癒される孤独。 解説>私は孤児根性の憂鬱に耐えきれず、一人、伊豆を旅する。 知り合った旅芸人一行と心から語らい家族のような感情を知り、無垢な踊子の純情に淡い恋心を抱きながら別れる。

雨傘 川端 康成 解説 ⭐ LINK ✅ 雨傘 川端 康成 解説

Read more about 雨傘 川端 康成 解説.

4
5
6
7
8
9

Comments:
Guest
You are young and useful at any age if you are still planning for tomorrow.
Guest

People are very open-minded about new things--as long as they're exactly like the old ones.

Guest
Nature is the art of God.
Calendar
MoTuWeThFrStSu