雪国 川端 康成 あらすじ

雪国 川端 康成 あらすじ

雪国 川端 康成 あらすじ



『雪国』(ゆきぐに)は、川端康成の長編小説で、名作として国内外で名高い。雪国を訪れた男が、温泉町でひたむきに生きる女たちの諸相、ゆらめき、定めない命の各瞬間の純粋を見つめる物語 。愛し生きる女の情熱の美しく哀しい徒労が、男の虚無に研ぎ澄まされた鏡のような心理の抒情に映されながら、美的に抽出されて描かれている 。 1935年(昭和10年)から各雑誌に断続的に断章が書きつがれ、初版単行本刊行時の1937年(昭和12年)7月に文芸懇話会賞を受賞した。その後も約13年の歳月が傾けられて最終的な完成に至った 。

『雪国』(ゆきぐに)は、川端康成の長編小説で、名作として国内外で名高い。雪国を訪れた男が、温泉町でひたむきに生きる女たちの諸相、ゆらめき、定めない命の各瞬間の純粋を見つめる物語 。愛し生きる女の情熱の美しく哀しい徒労が、男の虚無に研ぎ澄まされた鏡のような心理の抒情に映されながら、美的に抽出されて描かれている 。 1935年(昭和10年)から各雑誌に断続的に断章が書きつがれ、初版単行本刊行時の1937年(昭和12年)7月に文芸懇話会賞を受賞した。その後も約13年の歳月が傾けられて最終的な完成に至った 。

『雪国』は、最初から

『雪国』は、最初から

 · 著者 川端 康成 出版日. ではあらすじを簡単に追ってみましょう。 雪国に向かう島村は、列車の中で病人の男と、甲斐甲斐しく付き添う若い娘に興味を引かれます。

川端康成『雪国』のあらすじ 主人公・島村は親譲りの財産で食いつなぎ、西洋舞踏について趣味的に書いて生活していました。 島村は妻子がありながらも、越後湯沢(新潟)の芸者・駒子(こまこ)に会い …

日本で初めてノーベル文学賞を受賞したことで名高い作家、川端康成。川端の数多い著作の中でも、特に『雪国』は「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」という書き出しと相まって、彼の代表作として有名です。しかし、「歴史的な小説なのは知っているけ

 · 川端康成「雪国」の簡単なあらすじをご紹介します。物語は「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」という有名なフレーズから始まります。十二月、島村は雪国に向かって汽車に乗っていました。彼は自由気ままな生活を送っています。

『雪国』トップ 東京から列車に乗った島村は、国境の長いトンネルを抜け、雪国に来ました。信号所に汽車が止まり、島村の向かいの席に座っていた美しい声の娘が窓をあけて駅長に話しかけ、ここに勤めているという弟のことを駅長に頼みました。娘が葉子とい

【「雪国」川端康成】国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、「駅長さあん、駅長さあん」明りを ...

川端 康成 雪国 あらすじ ⭐ LINK ✅ 川端 康成 雪国 あらすじ

Read more about 川端 康成 雪国 あらすじ.

8
9
10
11
12

Comments:
Guest
Time is not an enemy unless you try to kill it.
Guest

People who look for the easy way out seem to have trouble finding an exit.

Guest
Doing you best is more important than being the best.
Calendar
MoTuWeThFrStSu