額田女王 井上靖 あらすじ

額田女王 井上靖 あらすじ

額田女王 井上靖 あらすじ



『額田女王』(ぬかたのおおきみ)は、井上靖の歴史小説。 『サンデー毎日』に1968年1月7日号から1969年3月9日号まで連載され、単行本は1969年12月に毎日新聞社より刊行された。

 · 大化の改新後から壬申の乱までの、古代日本を描いている。額田女王が重要な人物として取り上げられているが、話の多くは中大兄皇子、中臣鎌足、大海人皇子ら当時の政府の様子が描かれる歴 …

額田女王 ぬかたのおおきみ 井上靖著 額田女王は幼くして郷里大和の家を出て、宮中の祭事に関係ある大和国平群郡額田郷の額田氏に引き取られて育った。そうした特殊な家で生い育ったので、祭事に仕えることができた。

井上 靖『額田女王』のネタバレありの感想・レビュー一覧です。

井上靖額田王おおまかなあらすじをおしえてください。 美しく、歌の才能ある額田女王が、大化改新後、中大兄皇子と大海人皇子との政局を傍観する。二人とも額田を意識しているが、深いところで火花を飛ばしているので表面上...

★額田女王/井上靖久しぶりの書評?になりますね。まあ、いきなり、井上靖の本を読み出したわけではありません。1981年にnhk特集で「シルクロード」というシリーズが放映されていました。その取材を行ったスタッフとともに「井上靖」も同行し、その時の紀行を綴った本が妻の実家にあっ ...

額田女王 井上靖 あらすじ ⭐ LINK ✅ 額田女王 井上靖 あらすじ

Read more about 額田女王 井上靖 あらすじ.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
We do not inherit the Earth from our ancestors--we borrow it from our children.
Guest

Wisdom is knowing what to do next; virtue is doing it.

Guest
Nostalgia: Life in the past lane
Calendar
MoTuWeThFrStSu