鳥取 日南町 井上靖

鳥取 日南町 井上靖

鳥取 日南町 井上靖



井上靖氏の命日である1月29日には、毎年、氏を偲ぶ『碑前祭』が行われています。 この『碑前祭』では、文学碑に刻まれた詩を参加者で斉唱し、氏が当時の日南町を見て感じた情景を思い浮かべた後、文学碑にお供えした「塩ぼた餅」を参加者でいただきます。

井上を顕彰する「野分の会」は2011(平成23)年、井上が逝去して10年の節目に案内板「井上靖と家族の疎開の道」をラクダのこぶを見通す峠に建てた。日南町には今も「井上靖、疎開の道」 …

作家の故井上靖さん(1907~91年)の家族が戦時中に疎開した鳥取県日南町で、命日の29日、井上さんをしのぶ「碑前祭」が ...

井上靖記念館「野分けの館」の観光情報 営業期間:開館:9:00~16:00、交通アクセス:(1)生山駅からタクシーで20分。井上靖記念館「野分けの館」周辺情報も充実しています。鳥取の観光情報ならじゃらんnet 文豪井上靖疎開の地に井上靖直筆

日南町神福の太田地区は、戦時中、毎日新聞の記者であった井上靖氏が昭和20年に家族を疎開させ、自らもしばしば訪ねた場所で、のちに氏が「生涯忘れることのできないたくさんの思い出に満たされた半年」と残されるほどの思い出の地。この地に、昭和60年、井上靖記念館「野分の館 …

井上靖は、日南町を舞台に小説「通夜の客」を書いた。小説にこんな一節がある。「天に近い、天体の植民地のような村」。F村として登場する ...

芥川賞作家、井上靖(1907〜91)が太平洋戦争時、家族を6カ月間疎開させていた日南町を1日、東京都町田市に住む長女、浦城(うらき)いくよ ...

井上靖記念館 野分の館を訪ねて (2013.4.19) 野 分 の 館 (鳥取県日南町) 野山の若葉がいっせいに萌えだし、いよいよこれから新緑の季節に入ろうかとする4月半ば

日南町は、鳥取県の西南端に位置し、鳥取三大河川の一つ日野川源流の里です。 西は島根県、南は広島県、東南は岡山県に隣接し、中国山地の中央に位置しているため、町の面積の90パーセントを森林が占め、人口は2011年7月現在で5,212人です。

井上 靖(いのうえ やすし、1907年(明治40年)5月6日 - 1991年(平成3年)1月29日)は、日本の小説家。 『氷壁』などの現代物で人気を博し、その後『天平の甍』『敦煌』などの中国大陸を舞台とした年代記的な歴史物に転じて高く評価された。 戦後昭和を代表する作家の一人である。

鳥取 日南町 井上靖 ⭐ LINK ✅ 鳥取 日南町 井上靖

Read more about 鳥取 日南町 井上靖.

9
10
11

Comments:
Guest
A friend is long sought, hardly found and with difficulty kept.
Guest

All that you do, do with all your might--Things done by half are never quite right.

Guest
Happiness is a way station between too much and too little.
Calendar
MoTuWeThFrStSu