鴨長明 没

鴨長明 没

鴨長明 没



鴨 長明(かも の ちょうめい、かも の ながあきら)は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての日本の歌人・随筆家。 俗名は同じだが「読み」がかも の ながあきら。禰宜・鴨長継の次男。 位階は従五位下。 法名は蓮胤。南大夫、菊大夫 とも称される。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 鴨長明の用語解説 - [生]久寿2(1155)頃.[没]建保4(1216).閏6.8. 京都鎌倉時代前期の歌人,随筆家。賀茂御祖 (みおや) 神社の禰宜 (ねぎ) 長継の次男。従五位下に叙せられ,南大夫または菊大夫と呼ばれた。琵琶を中原有安に,和歌を俊恵 (しゅんえ) に学ぶ。

『無名抄』(むみょうしょう)は、鴨長明による鎌倉時代の歌論書(和歌に関する理論および評論の書)。正確な成立年は不詳であるが、建暦元年(1211年)10月以降、鴨長明没の1216年までに成立したと考えられている。 別名『長明無名抄』『無名密抄』など。約80段からなる。

 · 賀茂御祖神社の禰宜鴨祐季、延暦寺と土地争い。祐季失脚。長明、鴨祐兼との後任争い …

1155年ごろ誕生〜1216年没(享年61歳) 鎌倉前期の歌人・随筆家 鴨長明(かものちょうめい) は京都の賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ) =通称 下鴨神社 の 禰宜 (ねぎ:神職)の家系に次男として生まれた。 和歌を学び、後鳥羽院に歌人としての才能を認められ、 新古今和歌集にも入選する ...

鴨長明の「鴨」は 下鴨神社 の鴨だそうです。京都でも大きな神社で、父親はここの神主でした。長明は跡継ぎとして何不自由なく育ちましたが、17歳のころに父親が急死。後ろ盾を失くした長明は、後継者争いに敗れ親戚にその座を奪われてしまいました。

これは鴨長明とリアルタイム、じ時期に生きた源家長(~1234年没)の日記というか、回想録で すが、その中に、「鴨長明の事」という一文がありまして、そこに平仮で、「ながあきら」と書いて あります。

正確な成立年は不詳であるが、建暦元年(1211年)10月以降、鴨長明没の1216年までに成立したと考えられている。 例文帳に追加. The exact year when it was established is unknown, but it is considered to have been established after November 1211 and before 1216, when KAMO no Chomei died. - …

長明はこの頃から本格的に歌作に打ち込み、安元元年(1175)には高松院北面菊合に列席するなどしたが、翌年、後援を得ていた高松院も死去した。養和元年(1181)、家集『鴨長明集』を自撰(養和二年説も …

鴨長明・方丈記を学ぶ-サイバ会「方丈記32.おほかた、此の所に住み始めし時は」の記事です。鴨長明の方丈記は京都の歴史、災害も学べ勉強になります。基本の声をだして読んで行くと不思議と理解が深まります。サイバ会第3弾全9回で学びます。

鴨長明 没 ⭐ LINK ✅ 鴨長明 没

Read more about 鴨長明 没.

2
3
4

Comments:
Guest
When a pessimist has nothing to worry about, he worries about why he has nothing to worry about.
Guest

Everything has its beauty--but not everyone sees it.

Guest
Some people know lots more than they tell-- Some don't.
Calendar
MoTuWeThFrStSu